2018年2月5日月曜日

Cub Scouts 最後の Pinewood Derby 2018

Cub Scouts 最後の Pinewood Derby は 1 月のワークショップで作ったボディにスプレーペイントしたこの車でエントリー。2016 年2017年と二年連続で優勝しているジャックなので、本人的には三度目の優勝を狙いたかったのですが、例によって例の如く、時間や締め切りを守らない旦那のせいで、レース当日の受付時間を過ぎてしまい、ほとんど失格になる所を救われた形での参加でした。
ギリギリまで家でタイヤやら錘の調整をしていた事もあり、いまいちスピードが出なかったジャックの車。ジャックの連勝ストップで、トップになった親子(父と子)の嬉しそうな様子にジャックは途中から不機嫌に... でもジャックばかりが毎年勝つのもつまらないな~と思っていたら、ずっと二位だったジャックの友達でスカウトリーダーの子が、負けるのが嫌で今年は参加しなかったという話を聞いてやっぱりそうだよねと思ったり...
ちなみに不参加だった子はスカウトリーダーの子で、ジャックと同じ小学5年生。Cub Scouts を卒業する年齢でもあり、父親としては Cub Scouts での最後の Pinewood derby を息子と一緒に楽しみたかったに違いないんのに... と思うと少々申し訳なく思いました。男の子同士だし、ライバル意識も色々あってのことだと思いますが、これが Cub Scouts 最後の Pinewood Derby だったので少々残念な気がしました... が...
泣いても笑ってもこれが最後のレース。今年もお父さんや子供達の力作が揃う中、ベストデザイン賞や、各 Den 毎の優勝者から 3 位までに贈られるメダルやトロフィーを賭けて白熱のレース展開でした(^^)
Cub Scouts は 5 年生終了、または 10 歳までとなっているので (”Youth who are older than 10, or who have completed the fifth grade, can no longer join Cub Scouting”) 1 月末に 11歳になったジャックにとっては、単に最後の Pinewood Derby というだけでなく、Cub Scouts としての最後の公式イベントでもありました。
例年のように、4 つのレーンに車を並べ、レースをしますが、レーンによって多少結果に違いが出るので、どの車も各レーンでレースをし、一番遅い車は遅い車同士のレースへと、上位の車は他のレースで上位の成績の車との決戦レースへ。今回トップクラスのスピードが出せなかったジャックの車は遅くも速くもない中間ランク止まりでした。
ジャックがブータレていなければよかったのに〜と思いつつも、子供は多かれ少なかれみんな負けず嫌いな所があり、勝てないレースの結果に泣いたり暴れたりしたわけではないので、まぁ良しとしますか... と思いました。でもこういう経験をもとに、負けても見苦しくなくクールでいられる大人に育ってくれればなぁと思うのでした(^^;;  キャンプ植林のボランティア夜の動物園訪問に、川下り他、この 4 年間、親子揃って楽しめた Cub Scouts でしたが、2月はこのあと週末に予定されている Nerf Gun バトルが最後のイベントとなり、現 Webelos II の子達は Cub Scouts の活動は終了となります。その後は、うちの近所に子がある 2 つのボーイスカウトグループのどちらかに上進する子が多いのですが、うちは週三回の野球とその他の予定との兼ね合いもあるので、今の時点での上進は見送り、将来的に近所のボーイスカウトに参加したければする... という方針です。