2018年5月28日月曜日

EU 一般データ保護規則 (GDPR) への対応

5月25日から適用の EU の一般データ保護規則 (略称: GDPR) 関連作業で連休前は結構忙しかったですが (多くの企業がユーザーへの告知や対応を行っていました) いよいよ適用開始です。
個人で利用しているブログサイトのサービスに関しては、Google Analytics のデータがこれまでのように保持されなくなるということと、とユーザーにメッセージが表示されることぐらいかな? と思っていますが、ヨーロッパはきっとこんな法律を作って施行する必要があるぐらい、これまで個人データがいいようにマーケティングに利用され続けてきたのだろうな~というのが率直な感想です。データ消去を義務付けること (所謂、忘れられる権利) は、一般ユーザー側からするとよい事なんじゃないかな? と。例えば、ドイツ、イギリス、フランスやスペインに旅行や出張で行った際に、ホテルを予約したり、チケットを購入したり、空港の WiFi を利用したり... とメールアドレスを要するものは、その後何年もマーケティング関連のメールが送られて来たりして、アメリカと日本以外の国からのメールはすべて胡散臭く見える自分としては、馴染みのない国からのよくわからないメールが来なくなって困る事は特にない気がします。(ヨーロッパの人達は逆にアメリカからの胡散臭いメールに悩まされ続けていたのだろうと思います) ま、でも、データを管理している側からすると結構大変な作業だと思います。ずさんなデータ管理をしていたら、罰金のいい対象になって相当痛い目に遭いそうで(EU はそういうところはかなり厳しそうなので) どの企業が最初のケースになるのか、それもかなり興味アリです。