2018年6月30日土曜日

夏休み 8日目: えーっ!?まさか、そんな~っ!?(汗)

いやーなんという展開!
まさに ”didn't get the memo”(聞いてないよー) という状況で、今日は大慌てで旅行の準備に追われていました。

アメリカ版芸能界への道...なイベントに参加するべく、旦那も自分も火曜日から休暇の予定だったのですが、タレントエージェントの人から旦那に送られて来たメッセージを見て、旦那は思わずラップトップを落としそうになった...(ジャックの目撃談&旦那本人談)とのこと。たまたま買い物で外出中だったので、電話でその話を聞いた自分は、えー?うそー?信じられんっ!と思ったものの、そもそも真剣に芸能界入りを目指しているわけではないとは言え、日程が (いつの間にか) 前倒しになっていた連絡を全然受け取っていなかったことが今になって発覚したことには愕然としました (旦那曰く、もしかしたらメールが来てたのかもしれないけど、見当たらない、とのこと。ん~なんか怪しい... ← 旦那の見落としなのか主催者側からの連絡漏れなのかは結局不明) エージェントの人からの「See you all tomorrow!」のメッセージに、「え?明日?」と驚いたものの、レジストレーションデスクがオープンするのが明日の午後で、しかもラスベガスはシアトルからだと飛行機で2時間半で行ける場所なので、旦那がジャックを連れてレジストレーションに連れて行く事に。自分は火曜日から休暇なので火曜日のフライトで現地合流の予定ですが、会場がニューヨークとか、遠い場所ではなくて本当によかった... と思いました。

いつもならこんな事が起きたら絶対激怒しそうな自分なのですが、今回はむしろ日程が少し変わってくれたおかげでよかった~と思いました。というのも、イベント期間中はプールで泳いで真っ赤に日焼けなんぞ厳禁だし、ラスベガス観光をする余裕もあまりなさそうだったので、古い日程のままだったら、ジャックは多分ラスベガスの面白さを経験する暇もなく、イベント会場のリゾートホテル内で子役やら歌手やらモデルを目指す、どこかの劇団の子供達と一日中過ごしておしまい... のはずでした。でも、この「聞いてないよー」なハプニングのおかげで、イベントの後の週末がフリーになったので家族で Vegas Vacation を存分に楽しめそうです(^^) 旦那はジャックがオーディションでうまくやることを結構期待しているようなのですが、ジャックや自分はホントに下手に仕事なんぞ舞い込んで来たら生活が変わってしまうし大変なのが目に見えているので、今回限りのお楽しみイベントで十分だから、という気持ちで楽しんで来る予定です(^^)