2018年6月16日土曜日

今更ながら、機動戦士ガンダム(初代) ~ こんなキャラだったとは!?

自分の影響でガンダム00にハマったジャックが、他のガンダムシリーズを見るようになって、その影響で自分もここらで初心にかえってみようかと思い、機動戦士ガンダム(初代)を見てみたら、子供の頃に見た時とはビックリするぐらい全然違う印象なのです!

まず、アムロ。自分の中では、よくもまぁこんなダサい顔 (しかもヘアスタイルが天然パーマ)の男が主役になれたもんだ!とかなり毛嫌いしていたのですが、今見るとそんなに不細工な顔でもなく、意外と普通だったんだ... と。子供の頃は嫌いなものはとことん嫌いだという目で見ていたからなのだろう、と思いました。同様の例としては、自分は松たか子が大嫌いだったのですが、それというのも、あの頬が嫌いだったのです。若かりし頃の自分の目には、松たか子のぷっくりした頬は、おたふくにしか見えず、なんであんな顔で人気女優になれるのだーっ!? みんなどーかしてんぢゃない? と思っていましたが、今は松たか子は別に好きでも嫌いでもないです。話が横道にそれましたが、英語版で見たアムロが、もうなんだコイツ? というぐらい態度悪過ぎで、傲慢で、あれ? アムロってこんなキャラだったんだ? と目が点になりました。ニュータイプだかなんだか知らんが、いい気になるなよ!アムロ!と思いながら見た英語版でした(^^;;

あとは、セイラさんに関する、この Youtube ビデオを見てしまったこともあり、セイラさんってそんなキャラだったんだ(;´Д`) と思いました。昔はセイラさんと言えば一番まともなキャラ(しかも美人)だと思っていたのですが、実は一番いい加減(^^??

この後「逆襲のシャア」を初めて←(初めてなのです!!) 見たのですが、その感想はまた別エントリにて...