2018年7月2日月曜日

夏休み 10日目: 休暇直前、大忙し! & 芝刈りおじさんに平謝り & ミニピカチュウ

旦那とジャックがラスベガスのイベントに行っている間、自分は月曜日が誕生日という同僚のために、チームのみんなから寄せられたメッセージを即席ピカチュウカード(紙製、後ろがスタンドのようになっていてピカチュウが立っているように見えるカードです^^) にしたものをフランス人の同僚のデスクの上にサプライズギフトとして並べておいたら大好評でした(^^) ジャックが 4 年生の時の Class Store で作った猫みたいにかわいく仕上がりました(^^)
入社して4ヶ月後ぐらいから約1年近く、チームのイベントコーディネーター化していて、毎月のようにやってくる誰かの誕生日のために集金したり、バースデーカードを回覧する人になっています(^^;; そろそろやめてもいいかな? と思うのですが、州外や遠い人は国外からこの会社に就職し、しかもやっと30歳ぐらいな子達もいるので、家族や親しい友人から離れた場所でも、チームのみんなに誕生日を祝ってもらうと、チームへの親近感やら、友情も芽生えてよいかな(^^? ということで続いています。

さて、ラスベガスにいる旦那とジャックですが、旦那がお昼前に電話をしてきて、芝刈りおじさんが家の外に今来ていて、先々月分からの未払い分を払ってくれないか? と言っているとのこと(まったくもぉ~っ!!) 毎度の事ながら、旦那は心優しいアジア人の芝刈りおじさんの請求書の封筒を毎月開けもせず、この件では離婚寸前になるほど何度も大喧嘩をしています。サービスを受けておいて、何ヶ月も払わないってどーゆーことよ? と、ホントに腹が立ちまくりです。芝刈りおじさんが気の毒なので、会社から家に戻り(こういう時、会社が家の近所だと便利です^^) 芝刈りおじさんに、「ごめんなさいね~うちの旦那、ホントに忘れっぽくて!(これを聞いて気が休まるかどうかは別として) 実は芝刈りだけじゃなくて水道代も払わなかったりするから、水道止められそうになったこともあるんですよ。ホントに、ホントにごめんなさい」と言ったら、「他の人には支払いが遅れた場合は遅延料を請求しているけど、長年のお客さんだから、いいですよ(´▽`*)」と。「いえ、請求していいですよ、遅延料!!」と言いながらも、「そもそもラスベガスに1週間以上行けるお金があったら、芝刈り代、払え!ですよね...ホントにすみませんっ」と平謝りしたおかげか(^^? 芝刈りおじさん夫婦は、にこやかに今日も芝を刈って帰って行きました。「今日の分、今払いましょうか?」と聞いたら、7月分はまた月末頃に請求書を送ります、とのこと。芝刈りおじさんを見送った後、家で積み上がったままの旦那宛ての封書をチェックしていたら、出た!水道代の請求書!しかも支払期限が3日後に迫っていて、あぁーもぅこいつは!!と頭に来つつ、帰って来た時に水道が止まっていたら嫌なので、旦那に今回は代わりに払っておくけど、いい加減にしてよね!と怒りまくりでした。アメリカでは支払いをきちんとできない人は信用を落とすので最も避けるべき事態なのに、こんなに常習的支払いを忘れるいい加減なアメリカ人は、後にも先にも旦那以外、これまで見た事がないです(怒) 旅行前の忙しい時にまったくもぉ~でした。

一方ジャックは、自分が渡したドライヤー(Cool・Hot 切り替えあり)とヘアアイロンで、朝7時集合のワークショップに間に合うように寝癖を直して行ったとのこと(^^) ちなみに上の変な黒白のマスコットは、イベントマスコットでマイク(歌う時に使う)らしいです。旦那曰く、会場には1000人以上も参加していて、将来のスターを目指す子供やそのステージママ&パパで混み合っているとのこと。日本からもこのイベントに参加する人がいるらしいのですが、エージェントによって参加費が結構違うようで、上手い商売だよな~と思いました (下手をすると詐欺っぽい気もしますが、イベント自体は一応そこそこ歴史あるもので、エンターテイメント業界に入りたい子には夢の一大イベントには変わりない模様。最終日の GALA (祭典)のチケットが、$318 (手数料込み) というのを見て、おぉ(@@;と思いましたが、これが一般の人向け(参加者の家族以外) だから高いのか? は不明。旦那曰く、うちのエージェントからは一人 $200 だと言われたそうですが、うちは $200 の晩餐会はパスして、その分ホテルのバフェにでも行こうと思っています。