2018年7月23日月曜日

夏休み 33日目: 一宿一飯の恩義(^^? ~ 自称ラーメン評論家と行く Fat & Feathers

今日は会社でパーティーがある、というので夕方からビール片手にパーティーが始まるのを今か今かと待っていたら、一時間ほどして「ケータリングの日にちが間違っていて食べ物が来ないらしい。申し訳ない!」みたいなアナウンスに一同「えーっ」。代わりにピザがもうじき来る予定... という話で、結局ビールとピザを食べて会社を後にしたのですが... ここの所シアトルはラーメンブームで、どこのラーメンが一番美味しいのか? は結構ホットな話題なのでした。
そんな事もあり、会社の同僚二人(日本人の男性社員)を誘って、FAT&FEATHERS へ締めのラーメンを食べに来てみたのでした。個人的には、あちこちのラーメンを食べてみて、正直どこもいまいちなんだけど、強いて言えばラーメン吉のゆず塩ラーメン(ほうれん草を入れるのをやめればさらにポイントが上がると思う) と、クロスロードの陣屋(JINYA)のラーメンが East Sideでは気に入っています。山頭火へは旦那が気に入っていたこともあり、昔は随分と通ったのですが、最近ではもう全然行かなくなってしまいました (山頭火はスープに使っている水が悪いと思うのと、どうしてもスープをお湯で薄めて出しているような気がして好きになれないのでした。ただしサイドメニューはどれも好きで、ラーメン屋なんだけどラーメン以外のものがおススメの一軒です)

ま、そんなわけで同僚二人を連れて FAT & FEATHERS へ来てみたのですが、みんな満腹気味だったので、ラーメンを一つ注文してそれを三人で分けるという、かなりセコい客と化していたのですが、その際レジのお姉さんにチップを多めに渡して、3人で分けて食べられるよう、お箸、スプーン、と器を3人分お願いしたところ、快く対応してくれました。同僚二人のうち一人は、一番若いけれど一番貫禄があり(^^? どこかの業界人的雰囲気を醸し出していることもあり、余分なお箸などを頼んだ際に、カウンター席に座る同僚二人を指差し、彼らはラーメン評論家で、ここのラーメンを試しに来た、と紹介したら、非常に親切な対応+(一つ余ったから、どうぞ、と)ラーメン一杯を無料で提供してもらい、三人で二杯のラーメンをいただくという嬉しいサービスでした。なんともラッキーな展開でしたが、これまで自分はここの Pork Belly Ramen をかなり押していたのですが、今日はピザで満腹の状態で来てしまったので、正直、美味しいのか不味いのかわからない状態だったのがなんとも残念。でも一宿一飯の恩義を返すべく、ちゃんと良いレビューを残しておきました。冬場は超人気でカウンター席もいつも満員状態なお店ですが、夏の暑い日はそんなに混んでいないので、お洒落なカウンター席でゆったりラーメンを楽しみたい人は夏場が狙い目かもです(^^) お味は中華系なので、日本っぽいラーメンを期待せずに行けば結構ツボにハマるかもしれません(^^)