2019年2月28日木曜日

遅まきながら新年会… もどき

2月最終日の木曜日は会社の同僚+元同僚1名の計6人で Little Sheep HotPot へ。ちなみに昨年は1月初旬にうちですき焼き新年会でした。今年は自分が1月中旬から2月初旬まで日本に帰っていたので、企画自体が遅くなってしまいましたが、とりあえず2月末に遅めの新年会を開催することができました(^^) 冬だからかなり混んでいるかと思ったら、木曜日だったせいか意外にも空いていました。
相変わらず食欲をそそるお肉の盛り方に、ドカ食いは厳禁と思いつつも、またしても致死量の食べ物を食べてしまい、帰る頃にはジーンズのボタンを外さないとお腹が苦しい状態になってしまいましたが、久々の Little Sheep で思い残すことなくお肉三昧、えび三昧で大満足でした。Little Sheep 初体験なメンバーも見た目もよくて美味しかったと喜んでくれていたのでよかったです(^^)
今日のメンバーのうち1人は今月初旬に会社を寿退社し、今は引っ越し準備やら結婚式の準備に追われていて忙しそうでした。若手のメンバー達の話を聞いていると、みんな (若いのに) 結構落ち着いていて、こんな会社に置いておくのは勿体ないような人材だと思いました。あとはみんな音楽やアートへの造詣が深く、話を聞いているとみんなすごいじゃーん、と感心しまくりでした。これまで自分の周りにいた人達とは明らかに違い、いい意味でとても新鮮でした。というわけで、遅ればせながら鍋を囲んでの新年会、無事終了~(^^)

2019年2月26日火曜日

氷点下のグラウンドで野球のスキルテスト無事終了(^^;;

例年、1月末~2月初旬に屋内で行われているリトルリーグのスキル評価テスト。今年は大雪のせいでスケジュールが大幅にずれ、2月末の今日、やっとスキル評価テストが行われました。会場は近隣の大学のグラウンド。今年に限って体育館が使えないようで、気温華氏30度ぐらい、摂氏だと0度以下という環境でのテストでしたが、使い捨てカイロ持参で手を温めつつ、無事に終了。
スキルテストは年齢別のグループで行われ、一番若いグループ (小学3年生ぐらいのグループ) は夕方6時過ぎから、ジャック達は12歳のグループで年長なので夜8時半からの最終グループで気温も夕方よりもさらに下がっている中でのテストでした。短距離走、ピッチング、バッティング、内野守備、外野守備など5つぐらいのテストを順番に受けます。
昔はとんでもないノーコンピッチャー状態だったジャックも、とりあえず3球ぐらいはストライクゾーンに入っていて、とてつもなく恥ずかしい大暴投がなかったのでほっとしました(^^;; これまで投球練習はほとんどしていなかったので(=特にピッチャー志望でもないし、もっと速くてピッチャーに向いてる子達が既に何人かいるのでバックアップピッチャーのさらにバックアップぐらいだと思っているので) 「なんスか? それ(´Д`)」と思われない程度の直球を投げてくれればいいかな? と(笑) 守備ではポロっとボールを落としたり、ゴロがジャックの横をかすめて後ろに行ってしまったり(苦笑) 全体的にベストな結果ではなかったものの、氷点下でもそれなりにプレイできていたのでまぁよしとしよう!といったところ。ちなみにこのスキル評価テストは、チーム編成用のスキルテストで、日本の少年野球とちがって、実力至上主義的なものではなく、基本全員レギュラーなのでお気楽、と言えばお気楽なのでした。観客席側で待っている親達はみんな「Freezing!!」 (寒っ~ブルブル) と言いながら見守っていましたが、リトルリーグの春のシーズンが始まる頃にはもっと温かくなっているはずなので、春待ち遠し!な感じで子供達を見ていました(^^)

朝から病院 ~ 50代でのPCP選び

今日は1月に受けた人間ドックで精密検査が必要とされた部位を診てもらうため、朝一で病院へ。(左の写真は日本の人間ドックで撮影したMRIの画像の一部で、ちなみにMRIは異常なしでした。この他にも検査結果の画像が100枚ぐらいあるのですが、脳や超音波や胃カメラ、胸部レントゲン、眼底の写真など、日頃見る事がない体の中を見るよい機会でした^^特に脳の血管の様子を写した画像はかなり興味深いものがありました。アメリカであれだけの検査をしたらいくらかかるんだーっ?と思うような検査がぎっしり詰まって5万円は絶対安いと思った日本の人間ドック、おススメです!)

さて、今回の人間ドックでは実はちょっと (かなり?) 気になる数値が出てしまい、日本に残って精密検査を勧められたのですが、帰りのフライトの予定やら、子供をアメリカに残して来ていることもあり、とりあえずアメリカに戻ってアメリカのお医者さんに今回の結果を見てもらうことにしたのですが、実は長いアメリカ生活で、子供のかかりつけの小児科や、歯医者さん、古くは妊娠・出産でお世話になった近所の大きな病院の産婦人科以外では、数年に一度ERに駆け込む程度しか病院に行く事がないため、「かかりつけのお医者さん」(=Primary care physician=PCP) がいない状態が20年。これまでずっと比較的健康だったので、かかりつけのお医者さんの必要性を感じた事はなかったのですが、さすがに今回の人間ドックの結果を見て、これは真剣にPCP探しをしなくては... と思ったのでした。ちなみにこれまで PCP は不要だと思っていた理由としては、若い頃はとにかく健康だったことに加え、Microsoft の旧メインキャンパス (=現在 East Campus と呼ばれるキャンパス) 勤務時代は、社内にきちんとした医療施設があったので、好きな時にいつでも気軽に行けて、PCPなど全く必要なかった事も大きな要因でした。意外にも心配性な自分は「心臓病かもしれない?」と社内のクリニックへ行ったら心電図やらレントゲンやら、診察やら、色々診てもらった挙句「胸やけです。お大事に」と胃薬を渡されて...なんだ、そーだったのか(^^;; と思ったりしたものですが、1月に受けた人間ドックの後、精密検査が必要となり、旦那や実家の母親とも電話で話したりしながら、この先自分が病気になった時の事を考えたら、日本語ができるお医者さんをかかりつけのお医者さんに持つ方がよいかも? と思ったのでした。うちの近所にある大病院 (大きな病院が 2軒向かい合わせに建っているのですが) の PCP のリストを見ながら、オフィスに電話をかけて新規に患者を受け付けているかどうかを確認してみたら、日本人の先生は現在新規の患者は受け付けていなかったり、昔から日本人医師としてシアトル近辺では有名だったお医者さんは、プロフィールを見るともう 62 歳で、あと3年で定年退職かもしれない?と思うとこの先も長く診てもらえる若い先生の方がよいかな、と思ったり… 増え続ける日本人人口に対して、日本人のお医者さんの絶対数が少ないこともあり意外と難航したかかりつけのお医者さん探し。希望としては、出産やERでお世話になっている病院でお医者さんを見つけたかったのですが、これはもう別な病院も視野に入れて探すしかないかな...と。とりあえず会社の医療保険は指定の病院やネットワークなどなく、基本的にどの病院でもOKというプランなので「日本語可」という条件だけで探したら、シアトルにある病院の系列で家から車で10分程度の所にあるクリニックに日本人の先生がいることを発見。運良く近くの病院に日本人の若い先生を見つけることができてラッキーでした。旦那にも自分がこれからお世話になる新しい病院と、かかりつけのお医者さんに会っておいてもらいたかったので、朝一から旦那も一緒に病院についてきてもらいましたが、旦那も良さそうな先生でよかった (日本語も流暢で英語もネイティブレベルな先生)、と安心していました。1月の人間ドックの結果 (日本語で書かれたもの) を英訳せずに見せながら、日本語で話すことができ、コミュニケーションの点では日本人の先生だとやっぱりこんなに楽なのか…と思いました(^^) というわけで、アメリカ生活20数年で初めての PCP を無事見つけることができました。

2019年2月24日日曜日

Mid-Winter Break Day 9 ~ How to Train Your Dragon 3

Mid-Winter Break 最終日の日曜日は、ジャックの友達と一緒に How to Train Your Dragon のシリーズ最終作 The Hidden World を観に行って来ましたが、もう感動のストーリーに目がウサギ状態でした(T_T) まだ見ていない人もいるので、ネタバレにならない程度に感想ですが、How to Train Your Dragon シリーズは、うちの子の世代の普及の名作で、映画内の音楽と共に、子供達が大人になっても心に残る秀作でした。予告編でもちらっと出て来るヒゲ面の主人公 Hiccup (日本語版ではヒック) は、ハリーポッターシリーズ最終作と同じアプローチとも言える、大人になった Hiccup の姿ですが、この映画は成長の過程で経験する「出会い」と「別れ」を主軸に、ほろ苦い思いに涙する... そんな映画だと思いました。Toothless (Hiccup の大親友でもあるドラゴン) を見ていると、うちの黒猫ニャンバーとイメージが重なる部分が多く、映画が終わる頃にはむしょうにニャンバーに会いたくなってしまいました。1作目では15歳の設定だった Hiccup が、2作目では20歳の青年になり、3作目は21歳の設定とのこと。涙目で見ていた自分ほどではないものの、感動してウルウルしていた旦那もきっと、これから先の自分達の人生にも訪れる「出会いと別れ」を予感させるストーリーにぐっとこみ上げてくるものがあったのでは? と思います。これから子供が中学を卒業し、高校生になり、大学生になって結婚して子供が生まれて、その途中で親が死んだり...(しないことを祈りますが) 子供の頃に見たこの映画のことや、飼っていた猫の思い出を子供と共有する日がジャックにも来るだろうなぁ... と思いました。Toothless は本当にいいキャラクターでした。12歳にもなるジャックが Toothless のことを心底好きな気持ちがわかる1作でした(^^)

2019年2月23日土曜日

Mid-Winter Break Day 8 ~ 曇りのち霰(あられ)&Family Movie Night 

今日は午後急に外が騒がしいと思ったら、霰 (あられ) が降って来て、天気予報の雪マークは当たってました。もうじき3月だというのに、今年は雪が多い冬でした。さて、金曜日に公開された「How to Train Your Dragon: The Hidden World (2019)」。DreamWorks の作品の中でも、ジャックの成長と共に家族みんなで毎回ウルウルしながら観て来たシリーズの最終章にあたる映画なのですが、既に公開前からかなり高いレビューで、自分たちの期待度は最高潮(^^) 日曜日の午前の回を観に行く予定で、明日に備えて今夜は Family Movie Night で、前作の 2 作を立て続けに家族でみましたが、何度見ても感動する名作アニメです。Pixar の Toy Story も悪くはなかったのですが、ジャックの子供時代を代表するアニメという点では How to Train Your Dragon がダントツ 1 位なアニメです。本人もずっと楽しみにしていた新作ですが、ジャックの友達も同様に楽しみにしていて、その友達のお父さんからテキストメッセージで、How to Train Your Dragon を日曜日に観に行きませんか? というお誘いが来て、既に座席指定のチケットを3枚購入済だったので、自分の分をジャックの友達にあげることに…。運良く旦那が予約した3席の隣の席がまだ空いていたので、速攻で購入しようと思ったら、サーバーが混んでいるのか? 購入がうまく完了せず… リトライするも、自分の未完了の購入のせいで、暫くの間旦那の隣の席が購入不可な状態になっていてアセりましたが、最終的にはタイムアウトで席がリリースされて無事に購入できました(ほっ)。そんなわけで、明日はジャックの友達と二家族で朝から映画の予定です(^^)

2019年2月21日木曜日

Mid-Winter Break Day 6 ~ やっと青空(^^)

Mid-Winter Break (冬休みパート2) 6日目にしてようやくスカっと青空が広がりました!朝遅く出勤する旦那が午前中ジャックの面倒を見て、自分はお昼まで会社で仕事をし、午後はジャックの面倒を見つつ仕事でした。アメリカは州によって多少違いはあるものの、13歳(Teen)になると夜間以外は一人で留守番OKというのが一般的。そんなわけで先日は旦那のオフィスで半日過ごしたジャック。
せっかくのお天気なので、ジャックを連れて近所の公園までサンドイッチとドリンク持参でピクニックランチ。ランチの後は、来週予定されているジャックのリトルリーグのスキル評価の練習も兼ねて、投球練習に少々付き合い、お昼休みが終わる頃に近所のドーナツ屋さんへ移動し、自分は仕事の残り、ジャックは読書タイムでした。
12歳になっても相変わらずベッドにはお気に入りのぬいぐるみ達がいっぱいのジャックですが、先日小さなぬいぐるみが枕元にあった読みかけの本のしおり代わりになっているのを発見。ジャックにぬいぐるみをしおり代わりにしないように!と言ったら、ウケまくってしまい、その後正式にしおりに任命されていたぬいぐるみでした(^^;
家にいるとどうしてもテレビ漬けやコンピューターゲームで遊びがちなので、少し違った環境での読書タイム。子供連れなのでスターバックスなどのカフェよりもドーナツ屋さんの方が居心地がよいです。もうちょっと大きくなって珈琲が飲める年齢 (っていくつなんだろ?) になったら、オシャレなカフェにも連れて行きたい気がしますが、そんな年頃にはお母さんとお出かけなんてしないかもですね(^^;;
ドーナツ屋さんで読書&仕事をしていたら、ジャックの友達のお母さんからテキストメッセージが入り、近所の公園で合流することに… この公園には野鳥がたくさん生息しているのですが、池にいた黒い鳥が池に潜る様子をジャックの友達のお母さんと、ニューヨークから法網中というお姉さんと一緒に見ていたら、口に魚を加えた鳥が水面に顔を出し、あっという間に魚を飲み込むという光景を目撃。
人工の池かと思っていましたが、近くにワシントン湖もあるし、ちゃんと魚もいる池な模様。子供達は遊ぶのに夢中で鳥が魚を捕まえる瞬間も食べる瞬間も見逃しましたが、公園内を走り回ったり、遊具で遊んだりしてエネルギーを発散していました(^^)

2019年2月19日火曜日

Mid-Winter Break Day 4 ~ フロントガラス無事交換 & テオドロスの螺旋

相変わらずパッとしないお天気の中、今日は先週割れた車のフロントガラスの交換に Safelite のお兄さん達がバン2台でやってきてくれました(^^) ガラスの交換後は翌朝まで固定補助用に貼り付けてあるテープを外さないこと、48時間は洗車しないように、との事でした。この5日間車に乗らず、会社へも行かず(遊んでいるわけではなく、一応家から仕事^^; ) ジャックとニャンバーと過ごす日々ですが、ジャックは数学の課題をタラタラやりつつ… 半日ゲームして半日映画を見る生活。ジャックの中学校の数学の課題が、割と高度で、自分が記憶する限りでは、小中高時代に「テオドロスの螺旋」について習った記憶がなく、しかもテオドロスなんて発音するのは日本だけかもしれず、Theodorus って誰だ?という疑問に (Theodorus of Cyrene) 以上の詳しい情報が日本語では皆無に等しく、えーっ?お国が違うとこんなに違うのかーっ?と思ってしまいました。名前すら聞いたことがないテオドロス (英語では「塩どらす」みたいな発音で、イントネーションの場所が思っているのとちょい違う「ドレス」の発音で「どらす」と言ってみた感じです)。彼の螺旋を見ると、おぉ、それってすごい発見だと思うだけでなく、なぜこの螺旋は自然界に多く見られるのか、その事が気になってしまい、もしかして自然界だと思っているのはすべて人工的に作られた(美しい建築物のような)ものなのかも? などなど、考え始めたらハマってしまいました。ジャックが中学で習って来る数学で、ちょっぴり数学熱に燃えている Mid-Winter Break です。

2019年2月18日月曜日

日本滞在中に使っていた Wi-Fi Calling 機能が便利すぎる件(^^)

日本滞在中は、羽田空港で借りて成田空港で返却したレンタル Wi-Fi 機器を借りていて、それもかなり便利だったのですが、AT&T の Wi-Fi Calling 機能がさらに輪をかけて便利でした。 
日本滞在中に、うちの旦那からアメリカにいる時のように普通に電話がかかってきて、機内モードにしてあるのに、なぜ? と、たまたま昔 Microsoft で一緒に仕事をした事がある M本さんの落語の発表会の真っ最中に電話がかかってきて、あわてて「今電話すな!アホ!」みたいなテキストメッセージを送ったりしていたのですが、この機能さえあれば、今までのように日本とアメリカ間で Skype の格安国際電話や Facebook の VoIP や、WiFi 環境での FaceTime (寝起きとか風呂上りとか、髪ボサボサだったりで顔出したくない時もあるのですよ^^;;) じゃなくても、ふつーに電話 (本当に普通に電話してました) できてしまうのです。1月中旬に左上の投稿を Facebook にした時に、Wi-Fi Calling の利用経験者から別途料金がかかるかもしれない、というようなコメントもあったので、日本にいた期間をカバーしている今月の利用請求額をチェックしないと!と思っていたのですが、締め日が来て請求書を見てみたら、なんと!!日本とアメリカでの通話も、数々の写真のやりとりやテキストに 1 セントも追加料金がかかっておらず、おぉーーーーーっ!!これは超便利!!と改めて思いました。上の画像は iPhone の設定メニューの電話 (Phone) の設定の画面です。自分で設定した記憶すらないので、デフォルトがオンなのかも? しれませんが、同じような状況の人(家族を置いて日本に一時帰国)に超おススメな機能なので、是非一度試してみてください(^^) ちなみに、うちの家族が契約しているアメリカでの携帯のプランは、AT&Tのファミリー向けデータ無制限プランです。無制限プランだから 1 セントも取られなかったのか、Wi-Fi 経由である限り無料なのか、無制限プランじゃない人が試してみて結果を教えてもらいたいかもです(^^)

2019年2月17日日曜日

Mid-Winter Break Day 2 ~ 残雪の中ピクニックランチ&バッティングセンター再び

Mid-Winter Break Day 2 の日曜日は、午前中青空が見えるお天気だったのですが、午後にはすっかり雲がかかってしまい、いまいちなお天気。旦那も自分も昨晩夜更かしして映画を見ていたので、今日はお昼頃までダラダラ寝ていたら、ジャックがピクニックランチに行こう!と言うので、家の冷蔵庫にあるものを適当に詰めて近所の公園へ… 
この公園はリトルリーグのホームグラウンドでもあるのですが、先週の大雪の時には一面真っ白、白銀の世界そのものになっていた場所でした(^^) 予想通り、グラウンドにはまだ雪が残っていて、ところどころ巨大な雪だるまの跡があり、近隣の子供達の WInter Wonderland になっていたんだな~(^^) と思いました。
今日のピクニックランチのメニューは、ターキーハムサンドイッチ (ジャック)、ピーナッツバターサンドイッチ (旦那)、ブルーベリーワッフル (自分)におつまみに枝豆、デザートはリンゴ。地面はかなり濡れていたので、野球のベンチ (屋根付きエリア) に座ってランチでした。ジャックはピクニックが好きなのですが、ピクニックシーズンにはちょっと早かったかも...?
結局ランチの後のキャッチボールは諦めて今日は退散。帰りにガソリンスタンドに寄ったら、洗車コーナーが大盛況でした。雪道で汚れた旦那の車も洗車して帰って来ました。
夕方は、昨日同様、バッティングセンターへ。6時閉店なので、5時頃家を出たのですが、今日も5時半からの15分の空きスポットに入れてもらうことができました。 
昨日よりバットの芯で捉えられる率が上がったせいか、手も痛くならずいい当たりを見せていたジャック(^^) お隣のケージではどこかのリトルリーグのチーム (みんなお揃いのユニフォームだったので) が練習していましたが、バッティングの練習ではなく、マシンが投げるボールをキャッチする練習をしていて、あぁ~そういう使い方もあったんだ~! と目から鱗でした。一方通行なキャッチボールの練習用にも使えるバッティングセンターでした。

2019年2月16日土曜日

Mid-Winter Break Day 1 ~ 野球のスキル評価の前の練習

雪で先週は半分ぐらい学校が休みだったというのに、今日から Mid-Winter Break (冬休みパート2) に突入。イマイチなお天気&旦那は朝から健康診断の一環で採血しに出かけお昼頃帰って来たので、なんとなくダラダラと半日テレビを見て過ごしていたのですが、夕方は雪で延期になったリトルリーグのスキル評価テストの準備も兼ねて、ジャックを連れてバッティングセンターへ… 雨の中夕方バッティングセンターに来る人も少ないかな? と思っていたら、5時半からの15分のスロットが空いているだけという状況 (ちなみに午後 6時閉店なので駆け込みセーフといったところ)
昨年までは1月の第2週目あたりから冬季トレーニングをやっていたのですが、今年は名物コーチが他州に行ってしまった事もあり、代わりに冬季トレーニングを毎週実施できるコーチが確保できなかったからなのか、それとも大雪でトレーニングプランが実現しなかったのか… 今年はグループトレーニングは無しで、いきなりスキル評価テストを受けることに…
久々のバッティング練習でしたが、遅めのスピード設定だったので、いい感じに当たっていました。暫く打っているうちに手が痛くなって来たジャックが、マミーも打ちたい? と聞いてきたので少しの間交代してみました(^^)
ジャックのヘルメットを借りてマシンから飛んで来るボールを打ってみましたが... 当たるけど、いまいちジャストミート(って和製英語?) せず、次こそ!次こそ!次こそ~っ!! と打っていたら、手が痛くなってしまいました(><)残り時間はまたジャックと交代しましたが、自分は5分も打てばもう手が痛すぎて、とても15分は打てないな~と思いました。
時間になり、散らかっていたボールを拾い集めて今日の練習終了。明日も時間があれば練習に来たいと、珍しくジャックもやる気になっているので、明日もバッティングセンター通いかもしれません。
ちなみにこれがバッティングマシン用のボールですが、これって異様に手が痛くなるのはなぜだろ~? と思って調べてみたら、ボールのせいではない事が判明。バットの芯で捉えていない=ジャストミートしてないと痛い!うーん、そうだったのか~と納得。確かにテニスでもラケットの端に当たると腕へのインパクトが全然違うな~と、納得でした。ボールは芯で捉える!大事なことですね(^^;;
バッティングセンターからの帰り道、普段この時間にこのあたりを車で走る事がないのですが、ふと見ると Bravern のビルの側面が旧正月のお祝い? モードで、赤色に (多分) 「福」の字が映し出されていました。昔に比べて中国人の人口が増え、旧正月を祝うイベントなどが、自分が日本に行っている間に行われていた模様。

2019年2月14日木曜日

バレンタインデー2019 ~ 懐かしのモロゾフのチョコレート

今日は落雪でフロントガラスが割れるという不幸に見舞われたものの、それ以外は平和なバレンタインデーでした。小学校の時とは違って、中学ではお菓子禁止らしく? 至って普通な一日だったとジャックが言っていましたが、日本語のクラスの先生が、日本のバレンタインデーについて説明してくれたらしく、ま、一応日本文化について学んでいる模様(笑) 中学の日本語の先生はかなり良い先生でよかったです(^^)  
シアトルは雪こそ降っていないものの、大雪の残雪と雨でいまいちなお天気。それでも旦那がバレンタインだから、と外食したがるので (ジャックと自分は渋々) 旦那が帰宅するなり Red Robin へ。なんと、自分が日本に行っている間に Bellevue Square の一角にあった Red Robin は店舗の賃料値上げの煽りで閉店してしまったのだとか。Red Robin はファミレスの中でも子供連れだけでなく大人にも人気だったので閉店は実に残念なニュースでした(T_T)
そんなわけで、車で2 ~ 3 分のベルビュー店がなくなってしまったので、車で10分ほどのレドモンド店まで出かけて来ましたが、悪天候のせいでそんなに混んでいなかったのでよかったです。旦那からは昨年同様会社のカード作成イベント? で作ったカードと、家族旅行 (来月中旬) のプレゼント。ジャックからはマッサージ券 (貰って嬉しいプレゼントの定番^^) を貰い、旦那とジャックへはカードと Morozoff (モロゾフ) のチョコレートをプレゼント。
Morozoff (モロゾフ) のチョコレートはお土産として、会社用、家用、友達用に日本から買って来たものです。子供の頃に食べたモロゾフのプリン (=ガラスの容器に入っていた) は今でも思い出深い洋菓子の1つです。子供の頃は、モロゾフやメリーのチョコレートが家にあると (多分誰かからの頂き物やお土産品) 缶や箱の蓋を開けるのが楽しみだった思い出があります。モロゾフに関しては、その歴史を読んで、日本って外人に対してかなり酷かったんだな~と思いました。そんなこんなで思い出深いモロゾフの味をうちの旦那とジャックも体験中(^^)

落石ならぬ落雪でフロントガラスが割れた..の巻(><)

雪に閉ざされた生活から1週間ぶりに会社に車で行ってみたのですが、走行途中ブレーキを踏んだら、車の屋根の上に乗っていた雪がドサっと落ちて来て視界が4分の1ぐらい遮られ、こんな雪の塊をワイパー払拭できるのか? ワイパーが壊れるんぢゃないか? などと考えながらとりあえず雪が乗ったままの状態で会社まで辿り着いたのですが… その後にさらに大きな雪害? が待っていました(><)
今週の頭に、そういえば会社からビルの地階の駐車場は雪が落ちて来るから危ない、というようなメールが来ていたような気がしたのですが、昨日からの雨でだいぶ雪も溶けたせいか、駐車場に車が止まっていたので、自分も空いているスポットに車を止めてオフィスで仕事をしていたら、フランス人の同僚が「青色のTiguanってミチコの車じゃないかしら? 今メールで車の窓ガラスが割れてるって流れてたけど...」と気の毒そうに伝えに来てくれて、あっ、やっちゃったか~と、車のキーを掴んで駐車場へ。見るとフロントガラスにビリビリとヒビが入り、社内にも小さな破片が少し散らかっていました。実は前に乗っていた Tiguan も冬に窓ガラスにヒビがピキっと入り、交換した経験があるので、オフィスに戻ってオンラインでフロントガラスの交換の予約を入れてから家に帰ることに… 前回の交換時に使った会社で、Webサイトで簡単に予約を入れることができ、保険の情報もポリシー番号を入れるだけでOKで超簡単でした。ただ、混んでいるのか、今回、一番早くて来週の火曜日の午前中、ということで、車のガラスを交換するまではずっと家から仕事の予定です。

雪が落ちて来て割れたのは決して嬉しいニュースではないのですが、以前乗っていた Tiguan のフロントガラスが割れた時にも思ったのは、Tiguanのフロントガラスは薄いんぢゃないか? ということで、極端に寒い天候が続くと、ピキっとヒビが入る可能性はかなり高い気がしていました。むしろ割れたのが旅先とか、雪山に遊びに行った帰りとか、家から遠い場所で、前がよく見えなかったり、雨風が吹き込む中運転して帰って来なくてはいけない状況ではなかったのは、不幸中の幸いだったのかも?という思いの方が大きいです。ちなみに、旦那の BMW と自分の Tiguanでは、同じ雪山に行くと、窓ガラスの結露状況が全然違うのが一目瞭然で、Tiguanは、結露防止用の油膜を塗らないと峠越えの時にかなり怖い状況に陥ることがありました。そんなわけで自分の中では、BMWのガラスに比べて Tiguanのガラスは薄く、激寒の中に置いておくと、屋根からの落雪が直撃しなくても、ピキっと割れてしまうことがある車... という結論に達していますが、それ以外では乗り心地もよいし、四駆で何かと小回りも利くし、次に買い替える時もやっぱりまた Tiguan かな~と思っています(^^)

2019年2月13日水曜日

雪で連日休校で暇なので書道を教えてみた… の巻(^^)

なんとなんと、今週は月、火、水と3日連続で雪のため休校になってしまい、数学の宿題が休みの間に送られて来た以外、何の宿題もなくてジャックが暇を持て余していたので、日本で買って来た書道セットを開けて習字なんぞ教えてみたら殊の外ヒットで、昨日今日と自主的に習字の練習に励んでいたジャック。
日本で見つけた物欲刺激系製品として、FBでも先月末に紹介した升目 (ガイド) 付きの下敷きは、初心者には超便利な一品でした。また45年ぶり? ぐらいに毛筆の筆おろしで、こちらも初心者用に糸で縛って筆が広がり過ぎないようにしましたが「筆おろし」で検索すると、なんだかHな検索結果が返って来て、糸を結ぶ位置を確認したかっただけなのですが、まったく日本語ってのはもぅ~と苦笑い(^^;; 
子供の頃習字教室に通って (通わされて) いた経験が役立つ日が来るとは(^^! 晴天の週末や暑い夏の日に畳に正座して習字の練習をさせられていたのに比べ、お気楽な環境で習いたての日本語を毛筆で書くのは楽しさが違うようで、瞬時に習字の楽しさを体感していたジャック。なまじ日本人だとその感覚は芽生えないのかもですが、ジャックにとって習字はアートと同じなんだな~としみじみ思いました。
止め、や、跳ね、など筆圧のテクニックはもう少ししてから教えるとして、実は密かな願望を叶えるべく、日本から習字用の朱液も買って来た自分(^^) 習字の先生みたいに、朱液で文字を書いたり、訂正したり、丸なんぞつけてみたいぞ~という夢がとうとう現実に(笑) これって習字教室に通った事がある人なら、誰しも一度ぐらいやってみたいと思うのではないかと思うのですが…(^^?
生徒と先生の一人二役で、適当に漢字など書いてみて、その後ホクホクしながら朱液で上から先生みたいに文字を書いたり、丸を付けたり… 今の気持ちを敢えて言葉にするならば、ムハハハハハ…ムハハハハハハ(^^) といったところ。子供の頃は、生徒は墨汁、朱液は先生しか持っていなかったので、とても特別な物に見えたのですが、今回日本で、朱液が一瓶200円ぐらいで買えるものだということを知り、新鮮な驚きでした。ちなみにジャックも言っていたのですが、習字は心が落ち着くというか、とてもリラックスできる、という事を再発見。習字教室に行くのが面倒だったものの、習字自体はそんなに嫌な習い事でもなかったのかも? と子供時代の事をふと思い浮かべながら、この2日間ジャックと一緒に習字を楽しみました(^^)
12歳になったジャックは、いまだに何でも一緒にやりたがるので、コーヒーテーブルを前に並んで座り、自分は朱液で習字、ジャックは黒の墨汁 (昨日は炭を硯で擦る所から始めましたが今日は即席バージョン) で普通に文字を書いていましたが、途中からジャックが絵を描き始めたので、水墨画の例を見せたら、さらに色々な絵を描いていました。こちらの「火」はジャックと自分のコラボ作品です(^^)
「夢」とか「愛」とか、色紙や石に書いて売ってる人いるよね~、という話から、上達したら売れるよ~きっと~、と冗談を言いながら、学校で習った言葉や、好きな言葉や、適当に思いついた言葉を書道半紙に書いていましたが、書道教室と違って課題がないから楽しいのかもしれない、と思いました。みんなが同じ文字を書くと、子供ながらに上手い子、下手な子が浮き彫りになったり… ということは、あったよな~とふと思いました。
というわけで、スーツケースに押し込んで買って帰って来た甲斐があった書道セットでした。必要な物が全部揃って2000円ちょいと、お買い得なセットでした。敢えて言うなら、最近の硯は両面使用できるタイプが主流なようで、墨汁用と、炭用の二面があり、硯に使われている素材がプラスティックになっていて、重みがなく、炭をする時のあの感覚が子供時代に経験したものと全く違ったのが唯一残念な点でした。硯だけは、重みがある方が好きだな~と思いました (とりあえず、次回日本帰省時のお買い物リストに追加です)。今回ジャックに習字を教えてみて、何でも小さいうちに教え込まなくても、ある程度大きくなってから習う方が楽に習得できることもあるな~と思いました。もし6歳ぐらいの時に教えていたら、思ったように筆を動かすことができなかったんじゃないかな? と。筆を楽に扱えるぐらい、手も大きくなり、細かく注意しなくても直筆で文字を書いていたり、あら、意外と上手いじゃん、ジャック~と思いました。そして何よりも、月謝を払って強制的にやらされているのとは違い、気軽に楽しめる、というのが一番よいのかな~と思いました(^^) ジャックがこの先も長く趣味として楽しんでくれたらいいな~と思います。

2019年2月11日月曜日

日本で見かけた物欲刺激系雑貨 ~ おみやげ編

今回の日本滞在中にお店で見て物欲を刺激されたものの中から、これは欲しい!と思った品々です(^^) まずは食品サンプル。日本のレストランのウィンドーに飾られているアレですが、新宿の高島屋で食品サンプルの特設販売コーナーがあり、これはもぅプラスティックだとわかっていても食欲をそそられました(^^) 
実物大の弁当サンプルはご飯の米粒感もいい感じで、これもプラスティックだとわかっていても食べたくなる仕上がりでした。正確には、ちょっとプラスティック感が逆に本物よりも食欲をそそるのですが… お値段は… というと、一個5千円也。パフェのサンプルも美味しそうで、どれか一つに決めきれず、見て楽しむだけに留めておいた食品サンプルでした(^^;
タイガーのステンレスミニボトル。スリムで小型軽量ながらも 500ml で、ちょうどセールで40%オフぐらいで売っていたので購入。蓋がコップではないタイプなので、見た目がとてもすっきりなデザインも気に入った要因の一つです。蓋がコップではない分、飲み口が丸く、タイガーの歌い文句によると「マグカップのようなやさしい口あたり」で、実際、広告に偽りなし、な優れモノでした(^^) 
えごまオイル、というのが日本で流行っていて、これも健康によいということで、マルエツで1本800円弱で売られていた朝日のえごま油を一本買って、毎日スプーンに一杯ほどサラダにかけたり、そのまま飲んだりしています。しその葉から作る油なのだそうですが、青魚に含まれるオメガ3がこの油でも摂取できるのだとか。お味は魚のようだという人もいますが、さらっとして癖がなく、後味にうっすらしその風味がします。ちなみに、アメリカのAmazonでこのえごま油を探したら、価格が45ドルで、おぉーっ、それはちょっとぼったくりでは(^^? と思ってしまいました。韓国製品に同様の製品があるようで、なくなったら韓国系スーパーで探そうかな? と思っています。
こちらは竹製のスプーン。竹のスプーンが欲しかったわけではないのですが、この形 (従来のカレースプーンよりやや細目のスプーン) が、食べやすいスプーンとして日本で流行っていた (か流行っている) らしく、100均のお店あたりも見て回ったのですが、高島屋の食器売り場の特設コーナーで3本500円で売られていて、他の買い物客も爆買いしていたので釣られて買ってみました。確かに、ほんの少しスプーンの部分の幅が狭いだけで食べやすく、またスープ用としても使え、ご飯 (お粥) やオートミール用にも便利なスプーンでした。
今回、なんと言っても一番のお気に入りのお土産はこの「ねこぶそう」。日本の技術の粋を集めた、超イケてる製品だと思い、一目惚れ(^^) ネーミングといい、製品といい、後ろに写っているガンダムのプラモデルよりも楽しい超簡単プラモデルです。 
東急ハンズで見つけたのですが、お店には全部で4種類あり、各1個ずつ買って帰って来ました。思った通り、ジャックや旦那の笑いのツボにもハマり、二人ともとても気に入ってくれました(^^) 
ちなみにこちらが「ねこぶそう」組み立て完成図。武器を回転させたり、角度を変えたりして楽しめます。ねこの部分ですが、割としっかりした重量の猫で安定感アリです。 
最近アメリカでもじわじわと流行っているガンプラ。近所のドラッグストアでガンダムのプラモデルを売り始めたのにはびっくりですが、東京駅の地下街にあったカプセルトイ (ガチャガチャ) コーナーで、M本君が500円玉のガチャガチャで、ジャックへのおみやげとして買ってくれたものです。これも簡単な組み立てが必要なおもちゃ。かなりよくできてます(^^) 
温泉部、部活に行く途中にある布田天神社で買った縁起物のいのしし (亥)。無事に日本に持ち帰り、ジャックにあげたら喜んでいました(^^) 12年に一度、あと 7 ~ 8回飾れたらいいな~と思います。その後はジャックの子供か孫あたりに引き継いでもらえたらいいかも(^^?
升目(ガイド)付きの習字用の下敷き。自分が子供の頃は、黒の下敷き以外見た事がなかったのですが、今回文具屋さんの習字用品コーナーで見つけて、1枚250円と安かったこともあり2枚購入。子供だけじゃなく自分も重宝しています(^^)
日本からは他にもピアスや化粧品、薬類を買い込んで来ましたが、肌色のクレアラシルは優れもので、ぽつり、ぽつりとニキビができ始めたジャックも早速使ってみて、効き目があることを実感中。肌色なので、寝る前だけでなく、嫌がらずに学校に行く前にも塗ってたりします(^^) まだニキビの本格シーズンというわけではないので、1本で充分そうですが、次回は2本ぐらい買っておいた方がよいかな? と思いました。あとは、目薬が安かったので各種買って帰って来ました。新宿のダイコクドラッグは新宿オフィス勤務時代から利用しているドラッグストアですが、ここは他の薬屋さんよりもダントツ安い気がします(^^)
極めつけは、成田空港のおみやげ屋さんで買ったこちらの手提げ袋。Facebook にも写真をアップして好評でしたが、猫派の自分に犬グッズを買わせただけでもすごい!と思う、秀逸なデザインでした(^^) この柄のTシャツがあったら買いたいです。「嫌です」=I don't want to... と旦那やジャックに説明したら、これも二人にバカ受けしていました。犬の気持ちを表していていいです(^^)