2018年10月31日水曜日

ハロウィン 2018 ~ 最後の年かも?

ジャックが生まれてから 11 回目の Halloween。ジャックが小さい頃は、ハロウィーンとクリスマスは二大イベントでしたが、どうやら Halloween の夜に親子三人で近所を回る Trick or Treat は今年あたりで卒業かな... という年になりました。昔は、ジャックのことだから 18 歳ぐらいになってもマミーとダディと近所を回ってそう(笑) と思ったものですが、一応心身共に普通に成長しているので、こういう楽しみは今年が最後かな... と。
実は今年はパンプキン彫り以外は特に飾り付けをする予定はなかったのですが、ポップアップ式棺桶が半額セールだったので、それにお菓子を入れて置いておくことに... ついでに今年はオレンジの風船のオマケ付き(^^) うちのストリートでは、近所に住むジャックの友人宅のやる気全開な飾り付けと、うちが一番人気のハロウィーンハウスかな(^^? と思っていますが、来年からは地味にフェードアウトかもです。
ここ数年ジャックが気に入って着ている Halo のマスターチーフのコスチューム。大人にも人気なコスチューム (大人版はプリント柄ではなく、もっと本物感溢れるコスチュームですが) で、毎年のようにコスチュームのトレンドを気にかけていた頃に比べると随分と楽な年が続いていました(^^)
州によっては、13歳以上の子供の Trick or Treat を禁止するところもあるようで、もうすぐ 12 歳になるジャックは、子供らしいハロウィン行事からは本当に卒業の年齢に近づいているんだよな~と思いました (寂しい、というのとは違うのですが、確実に年を取っていく感じ、というか、パパがいてママがいて小さな子供がいる、という家族としての一番楽しい時期が終わっていく感じがします)。 
昨年のハロウィンの時期にかった蛍光スティック (Glow stick) の余りも全部大放出で、もうなんでもかんでも、あるものは全部使ってしまおう!と、棺桶の中のお菓子の入ったバスケットに放り込んでおいたら、うちにお菓子をもらいに来た子供たちに好評でした(^^)
ところで、今年はジャックの保育園時代のお友達 (1つ年上の女の子) と同じ中学校に通い出し、最近再会した時に、一緒に Trick or Treat に行こう!という話になり、万が一雨が降っていたら、路上で合流するよりは屋根のある場所で会った方が安全だろうということで、近所のショッピングモールで待ち合わせたのですが、モール内はハロウィーンのイベントでごったがえしていてびっくりしました。
無事に合流した後は、うちの近所で Trick or Treat 開始。うちの近所はお年寄りが多く住んでいるエリアだったのですが、古い家が取り壊され、古くから住んでいた住人が老人ホームに移ったり、子供と同居するために引っ越したりして世代交代が進んだおかげで、通りにちょっと活気が戻って来た感じです (新たな住人は中国人の家族が圧倒的に多いですが)。
外から見て灯りがついている、ハロウィンの飾り付けがしてある家を見つけては、Trick or Treat! 日頃近所の人に会う機会がないので、今回は新しくご近所さんになった家族と顔見知りになるよい機会になりました (^^)
こちらが、ジャックと幼なじみの S ちゃん。ジャックも S ちゃんも 2 年ぐらい会っていなかった (もっとかな?) けれど、先日再会した時も、別にお互いにもじもじするでもなく、自然に友達として話したり、ゲームをしたりしていていい感じでした(^^) うちの近所を回っているうちにまた小雨が降り出し、平日の夜でもあるので、適当なところで切り上げて現地解散でした。
その後、家に帰る前に、もう一か所だけ立ち寄ったのが、ジャックの小学校時代の親友 B 君宅。うちの近所なのですが、B 君はジャックの中学校の向かい側にあるクリスチャンスクール(私立) に通っているので、中学校が別々になってしまいましたが、今でも時々一緒に遊んだりしています。きっと一家で Trick or Treat に出かけているだろうと思っていたので、遅めに行ったらもしかしたら家に戻って来ているかも? と思って車で通りかがったら、対向車線を走って来る車が B 君一家で、挨拶だけして帰る予定が「まぁまぁお茶でも...」ということで、お邪魔したら結局長居してしまいました(^^;; ジャックと B 君がビデオゲームをして遊んでいる間、親達は学校の話やら共通の友達の話などをしていました。
これまでハロウィンと言えば大量のお菓子を貰って喜んでいたジャックも、今年は割と少な目で、ジャックも大人になったね~と思いました (いつもはこの5倍ぐらいのお菓子を集めて喜んでいましたが、実際に食べるのはせいぜい 4分の1 ぐらいで、お菓子を貰うことよりも、1年に1度、マスターチーフ姿で歩き回れればそれで満足なのだと思います(^^)
話は前後しますが、こちらはうちの会社でのハロウィンコスチュームコンテストでのグループ写真です(^^) 若い人たちが多い会社なので、なかなか面白かったです。今年は自分はクレオパトラの衣装で登場。Walmart で子供用 (女の子用 L サイズ) のクレオパトラの衣装が安かったので買ってみましたが、ジャックや旦那には好評でした(^^)
こちらは、韓国人の若い同僚が愛用している「若く見えるフィルター」アプリで撮ってもらった写真です。FBにアップしたら好評だったので、このブログにもアップしてみましたが、肌の皺とかシミを消して黒目を大きくしてくれるフィルターな模様。自分的にはどことなく不自然な感じがしないでもないのですが、ま、記念の一枚として... このコスチュームを着て出社する自分を見て、朝ジャックが「Mommy, you look beautiful!」と言ってくれたのがとてもうれしかったです(^^) 自分的にはそれだけでもういい思い出になったので、今年で打ち止めでいいか~と思っていますが、来年も... 着てるかも?


2018年10月29日月曜日

紅葉のローカルスポット ~ 落ち葉が一掃されてしまう前に...

先週、先々週あたりには落ち葉でできた絨毯のような場所がたくさんあったのですが、落ち葉の清掃が始まっていて、そろそろ市内の紅葉も終わりに近づいて来ました。
いつもは車で通り過ぎるだけの場所なのですが、次に通る時にはもうきれいに掃除されているかもしれない? と思ったら、これはもう車を止めて写真の一枚も撮っておかねば... と思って撮ったのが今日の写真です(^^)
8th の近くの 140th 沿いにあるアパート(コンドミニアム?) の敷地で、この敷地内にある小さな池には鴨がたくさん住んでいて、春は鴨の親子の姿が見られ、秋は紅葉がきれいな場所だったりします。
この辺りには小川があちこちに流れていて、実はベルビュー市内のひょんな場所でも鮭の遡上が見られるのでした(知る人ぞ知る市内の鮭情報
はこちらです)
ハロウィンが終わって、もう一回嵐が来たら残りの紅葉もいっきに終わってしまいそうで、今週あたりが見納めかな... と。

曇り時々投資家: 子供にもわかる株式投資、TSLA 売却(^^)

久々に「子供にもわかる株式投資」シリーズですが、Elon Musk のマリファナの一件で、マリファナは人をダメにする!と子供にも話ていたので、教育的な観点から Tesla 株は一旦手放すことを検討していました。
そうこうしているうちに、隣のカナダが娯楽用マリファナを合法にしてしまい (カナダ人はもともと "Pothead" と呼ばれるぐらい、マリファナの使用率が高かった国) 親としてはもぅ~腹立たしいの一言なのですが、それでもマリファナ=OK ではないという事はしっかり子供に教えたいと思って、Tesla 株の売り時を 9 月以降ずっと検討中でした。毎度の事ながら 1 日で数十ドルも上下する Tesla 株なので、売り時は必ず来ると思っていたところへ先週の木曜日の +$40 (グラフは Yahoo Finance より)
週末にジャックと、TSLA 株が売り時という話をしていたのですが、前日の終値が 一株 $288 だったのが木曜日が $320 台、金曜日の終値が $330 台だったので、$330 以上で売れる公算は高いな、と思っていました。そこで、Limit order (指値) をどこに設定するか、でジャックと話をしていたのですが、お母さんは正直嬉しいよ(*´ω`*) と心底思ったのは、ジャックが、負けない株の原理をちゃんと理解してくれていたことでした。ジャックとの話し合いで、ジャックの 4 株は一部ではなく全部売却 (マミーはもっと持っているから、全部は売らないけれど、50万円ぐらいの利益確定で様子見 (もっと上がる気がしているから^^;) と思って、「いくらで売るべきか、ちょと悩むんだよねー」と言ったら「Mommy! You said "Don't be greedy!" You said that as long as we have profit we are good :) We should just sell them!」(マミー!”欲張ってはいけない" って言ってたじゃない。利益がありさえすれば、それで OK なんだって言ってたよね。だから単に(今の価格で)売ればいいじゃない!) とジャック。それを聞いて "Play safe, don't be greedy" の精神がジャックにも受け継がれていると思い嬉しく思いました(^^) そうなんです。大きく勝とうが、小さく勝とうが、勝ちは勝ち。損してなければよいのです(^^) でも、ごめんね、ジャック。マミーはやはり煩悩を捨てきれず、金曜日の終値 $330 に対して指値 $335 とかではなく、$343 で売り注文をジャックと自分の TSLA 株に入れておいたのでした(^^;; やはり人間とは欲深い生き物なのでした... ← その話をしたら「Mommy!」(ダメじゃん!) と不満気な声を上げられてしまいましたが、でも長年の経験上、多分そのぐらい上ると思っていたので(^^;;

そして、今朝...
7時前に起きて来たジャックと売れたかどうか Tesla 株の株価をチェックしてみたら...
なんと、朝の最高値は $347 で、強気にも見えた $343 の指値で余裕で売れてました(^^) というわけで、ジャックの 1,000 ドルは 1,500 ドルになり、今回も負けない株を実践できてよかったです(^^) 元金には手を付けず、次の投資の資金にするルールもジャックはちゃんと理解しているので、1,500 分の玩具を買いたがるようなこともなく(^^) 子供にしてみれば $500 ドルを稼いだというだけでもぅ十分ハッピーなのでした。ちなみに、子供にもわかる株式投資で、最初に Tesla 株の売買で得た利益は $80 でした。当時のブログを見ると、3月に ($199で) 買って4月に ($220で) 売っていましたが、$220 で高値だった時代を思えば、着実に株価を上げている Tesla でした。自分も売り注文成立で、月末に駆け込みですが、今月の収入にプラス $5,000 といったところ。売り注文が成立すると非常に気持ちいいです(*´▽`*)

子供にもわかる株式投資シリーズの次の投資ですが、ジャックとどの銘柄を買ってみたいか、という話もしていますが、TSLA の価格乱高下は魅力で、次にまた $250 ぐらいまでに下がったら買って、上がったら売る、のパターンもアリかな、と(もろに、短期ハイリスクハイリターン型投資ですが^^;;) ちなみに、ジャックの株は暫く寝かせておいた期間が長かったのですが、10月に株価がかなり落ち込んだ時 (左上真ん中のグラフ内のオレンジの矢印の時期) に買って、月末に $340 台で売った投資家は、一株あたり $90 の利益を一ヵ月弱で上げられたはずです。十分な資金と、最悪全部なくなってもよい覚悟さえあれば、なんだかんだいってもやはりおススメな TSLA 株です。とは言え、素人投資家の意見なので、無理な投資をせずに (Play safe が大事です)、株式投資は個人の責任において慎重に行ってください。

2018年10月28日日曜日

ハロウィン用パンプキン彫り 2018 & ニャンバー対リス(^^)

ハロウィン (Halloween) まであと 3 日と迫った日曜日は、先日近所のスーパーで買ったパンプキンを彫りでした。ジャックが小学生の頃は、ハロウィンはクリスマスに次ぐ一大イベントでしたが、さすがに11歳にもなると、キャンディを貰うのが楽しい年齢でもなく、でも本格的なお化け屋敷は怖すぎてまだ行けない、という過渡期な模様(^^) 
今年は How to Train Your Dragon の Toothless のデザインにしてみたジャック。昨年までの超簡単なデザインに比べるとだいぶ進歩したな~と (親バカですが) 思いました(^^; 毎年家族揃って Trick or Treat に行っていましたが、そんな Family Tradition も今年が最後かもしれない? と思うと、Halloween の夜は旦那も残業などせずにとっとと家に帰って来るように言っています。
こちらは旦那が彫ったパンプキン。所要時間 30 分ほどで完成でした。今年はパンプキンを 2 個しか買わなかった (重かったので) ので、自分は旦那のパンプキンの種を抜いて中をきれいにする作業を担当(^^) 旦那はパンプキンの中のあのぬめぬめした手触りが嫌いらしいのですが、ジャックと自分は種を取り出して中をスクレイパーで削り取ってきれいにするのが楽しみだったりします(^^)
話は変わって、最近のニャンバーはキッチンのシンクに身を潜めて、窓の外にやってくる小鳥やリス達をじーっと見ているのが好きなのですが、うちではそれを、"Squirrel TV" (連続ドラマ、リス) やら "Bird Channel" (バードちゃんねる) と呼んでいますが、家猫なニャンバーにとって、庭にやってくる動物達を見るのは日々の楽しみの一つになっています。
唯一の悩みは、シンクに汚れた食器がある時にもシンクに入りたがるので、洗剤が混じった水に手足や尻尾を突っ込んだり、汚い水を飲んでお腹を壊したりしないか、心配だったりします。 
夜はアライグマの一家、昼間は、近所の猫、リス、小鳥たちが入れ替わり立ち代わりやってきますが、ここ2年ほど、夏の間 (暑過ぎて) 姿を消していた青い鳥 (Steller's Jay) 達がまた戻って来ていて、ニャンバーにとってもかなりいい娯楽(番組)になっている模様(^^)
見ていると、ニャンバーはカラス以外の鳥には、猫特有の「ウカカカカカカカカカ」という声を発することもなく、どちらかと言うと、他の動物達には、犬が「クゥーン、クゥーン」とか細い声で鳴くような声を時々上げながら、餌を食べにくる小動物をひたすら見てるニャンバーでした。早いもので、今年でニャンバーが家族の一員に加わってから二度目の Halloween。あっという間の一年でした。

2018年10月27日土曜日

紅葉を見に出かけるも... 雨で振り出しに戻る... な土曜日

午前中に青空が見えていたので、紅葉でも見に行こう!と旦那が言うので出かけてみたものの... 午前中に出かけていればよかったのですが、怠け者一家なので午後遅出のドライブに... とりあえず山方面ということで、I-90 を久しぶりに (ホントに久しぶり!) に東へ向かって走っていたら、緑の木々が続くエリア (エバーグリーン=常緑樹が多い州なのです!) の合間に紅葉した木々がありました。
基本的に通年緑な州なので、紅葉を楽しもうと思ったら、実は山よりもダウンタウン方面の公園の方が正解だったかもしれない? と思ったものの、出不精な旦那が珍しく山に向かって走っているのを止めるのも何だなと思い、東へ... 
往路は後部座席で寝て過ごしたジャックでしたが、峠に差し掛かった頃にようやくいい加減なヘアスタイルのおばさんみたいな顔で起きてきました(^^; 出かける時は山になんて行きたくないと言っていたものの起きた後は紅葉を楽しんでいました。
こちらはスノコルミ峠にあるシアトル用の貯水池。こんなに干上がっていて水不足にならないのかー? というぐらい水がなかった (ここは普段なら水没しているエリア) のには驚きました。今年はレニア山にも行っていないので、Alder Lake の貯水率がどんなものなのかを見る機会がありませんでしたが、2015年のブログを見ると、こんな感じでした。
こちらは、Lake Kachess 湖畔です。キャンプ場はもう今年の営業を終了していて、湖畔には自分達と、孤高の釣り人みたいな人と、メキシコ系の家族が焚火をしているだけでした。
山に行くというのに、T-シャツに薄手のジャージを着て来て、車を降りた途端ブルブル震えていたジャック。仕方がないのでマフラーを貸してあげましたが、風がかなり吹いていて、じっとしているとセーターにジャケットを着ていても肌寒く感じました。冬が近づいているな~と思いました。この後雨がかなり降って来たので麓まで戻り、Arby's で夕飯を済ませて帰りましたが、食わず嫌い大王のジャックはローストビーフが好きなので、Subwayに加え、今後は Arby's も車で出かける時に立ち寄れるお店の選択肢の一つになりました(^^) Arby's はハンバーガー系ではなく、ローストビーフや薄切りビーフのサンドイッチがメインなので、食べ物のストライクゾーン狭すぎなジャックでも食べられるものがあってよかったです。個人的には、Arby's の Reuben がおススメです(^^)

2018年10月26日金曜日

中学校の Halloween イベント ~ ブラック&オレンジパーティー(^^)

金曜日の夜はジャックの学校の、ブラック&オレンジイベント (Black & Orange Event) へボランティア要員として参加して来ましたが、中学生にもなると、やっぱり違うな~と感心したこと、や、中学生にもなるとやっぱり違うな~ (とくに女の子) と思いました。相変わらず中途半端にお知らせを聞いて来るジャックは、コスチュームを着て行くチャンスを逃したものの、友達も着て来なかったのでとりあえず(^^)
何人かの子が着ていた、空気で膨らませるタイプの着ぐるみが一際目を引いていました。お店で何度か見た事がありますが、空気を送り込むモーターが中に着いていて電池で駆動なコスチュームです。イベントは夕方 6 時半から 8 時半までで、Haunted House (お化け屋敷) でのボランティアのシフトが 7 時半から 8 時半だったので、自分達のシフトが始まる前にあちこち見ておこうと思ってダンスフロアを見にに行ったら、ジャックのリトルリーグチームのお母さん達がボランティア要員として参加していました(^^)
小学校の時のダンスパーティーでも DJ がいましたが、中学校のパーティーにも DJ のお兄さんがいて、アメリカの学園もの映画にあるような、クールな MC とかあるのかと思ったら、黙々と曲をかけていました。ジャックの話では、先日のサイエンスキャンプの時に、みんなで流行りの歌を大合唱するのが楽しかった、と言っていましたが、今回その様子をちょっぴり垣間見る事ができてラッキーでした(´▽`*)
アメリカは日本ほどカラオケ文化が浸透している国ではないのですが、アカペラコメディ映画の Pitch Perfect シリーズやら、第 89 回アカデミー賞で数々の賞を受賞した La La Land や、昨年のヒット作品 The Greatest Showman などミュージカル系の映画の影響も結構あるのか? 子供達が声を揃えて歌いながら踊る姿がいいな~と思いました(^^) (FB にアップしたものと同じビデオはこちらにあります)
ところで、"稲中卓球部" 新設に学校側も賛同してくれているようで、来季 (っていつなんだろ^^?) から、もしかしたら本格的にクラブ活動を開始できるかも? しれないらしく(ジャック談) 知り合いやジャックの仲良しの子に「卓球部員募集中!」と宣伝している自分ですが、卓球は屋内競技だし、これからの雨の季節にはちょうどよいスポーツだと思います。
ジャックが、ジャックの友達に卓球のやり方を見せるために一瞬だけ対戦して、と言うので、ジャックの友達からラケット (パドル) を借りて (そのお礼に尻尾を見せている... わけではありません^^;;) ジャックと少々プレイして、その場を去りましたが、後でジャックに聞いたらお友達も卓球部に参加してもいいよ、と言っていたとのこと。一応中学生なので会場ではジャックとは別行動でウロチョロしていました。
そうこうしているうちに Haunted House のボランティアのシフトの時間が近づいて来て、仕事帰りの旦那とも無事に会場で合流できたので、前半担当の親達と引き継ぎをして後半のシフトに入りました。ちょうどお化け屋敷内の点検&スタッフとして中で働いている子供達の休憩時間が 10 分ほどあり、その間にお化け屋敷の中を見せてもらいましたが、なかなかよくできていました(^^)
お化け屋敷は、応用工学の先生が中心となって、親や生徒のボランティアが一緒に作ったものらしいですが、来年はジャックも中のお化け役のボランティアに参加したい!と言うぐらい楽しめた模様(^^) 自分は出口担当だったのですが、出口に置いてあるキャンディが入ったボウルからキャンディを取ろうとすると、人間の手がにゅっと出て来るという、最後のもう一脅かしのヘルパー役で楽しかったです(^^)
8 時半になりパーティーもお開きになり、自分達も駐車場に向かってジャックの友達と一緒に歩いていたら、彼はマウンテンバイクで家 (=ダウンタウン内なのでほんの数分の距離) まで一人で帰る、と言っていて、小学生の頃には子供だけで夜 8 時過ぎに帰るなんてあり得ない状態でしたが、過保護だと思っていたアメリカも中学生になるとかなり普通? というか、放任になるんだな~と思いました。最近中国人やアジア系の人口が増えていて、小学生ぐらいの子が小さな自転車で子供だけで道路脇を走っている姿を見かける事が多くなってきました。これは 10 年前にはあり得なかった光景で、最初はかなり異質な存在に見えたのですが (バス停まで歩いている人が全員貧乏な人に見えるような地域もあるので)、最近は自転車小僧の数が多くなって来たせいか(^^?、そんなに異様な感じではなくなってきました。今回、旦那もボランティア要員に駆り出したおかげで、ジャックの中学校での新しい友達と会ったり、中学生活がどんな感じなのかを垣間見る機会になってよかったと思いました。このイベントでは今年新調したコスチュームではなく、黒猫系で行ってみましたが、Walmart で買った尻尾がとても尻尾らしくて、うちのニャンバーはどうしても気になって仕方がない模様(笑) 目を離すと尻尾の先を咥えてたりするニャンバーでした。

2018年10月23日火曜日

ラップトップ死亡 & 今日は水泳

今日は朝会社に行ってラップトップの電源を入れたら後生立ち上がらず... DELL のマシンで、一通りのトラブルシューティングを試したものの全然立ち上がらず... というか、電源自体がうまく入らず(電源コードは健在&バッテリーを交換してもダメで) 冷却用のファンの音もしないので、ヘルプデスクのお兄さんに新しいラップトップとその場で交換してもらいました。おかげで今日は半日マシンのセットアップな日でした。
午後は本社に 1 時間ほど用事で立ち寄り、その後直帰にしたので、夕方早目の夕飯を済ませてジャックと泳ぎに行って来ました。先日の学校主催のキャンプで、野郎共と 4 日間暮らしたことで、ちょっぴり鍛えられたおかげで、今まではカーテンで仕切ってある個室状態のシャワーを使う事が多かったジャックも、オープンな普通のシャワーで "man up" なのだと言っていました(笑) キャンプ場では結局冷たい水シャワーだったので、シャワー無しで 4 日間過ごした子がほとんどだったそうですが、恥かしがらずにシャワールームが使えるようになれば、来年の夏あたりは連泊のサマーキャンプ (=野郎キャンプ) に参加できるぐらいになれるかもしれません(^^) 先日テニスでピキっときた (軽い肉離れ?) な左足も水の中では全然痛まず、ちょうどよい運動になりました(^^) 

2018年10月22日月曜日

霧が濃い朝 ~ 中学校でのボランティア

湖や湾に囲まれているシアトル近郊は秋~冬は濃霧が発生することが多々あるのですが、11月が近づくにつれ、朝から (時にはお昼まで) 霧が晴れないこともあります (昨日の朝もまさにこんな感じでした)。交通量があるところは、多少視界がよくなるのですが、田舎の道で交通量が少ないと、道なのか対向車線なのか、どこを走っているのか全くわからないこともありました^^;
さて、今週はジャックの中学校でハロウィーンイベントがあるので、小学校の時と同様ボランティアとして手伝う予定です。学区内の小中学校+高校でボランティアとして校内や校外 (遠足の引率など) で子供達と接する大人達は、子供達の安全のために全員バックグラウンドチェックを受けるようになっています。小学校の時は紙ベース(無料)でしたが、中学校はオンラインで個人情報を入力して $15 を払うようになっていました。
バックグラウンドチェックでは、住所・氏名、性別、誕生日にソーシャルセキュリティ番号、電話番号、メールアドレスなどの他に、現住所にどのぐらい住んでいるのかをチェックする項目などの質問があり、数時間で犯罪歴などの確認が終わるようになっていました(^^) バックグラウンドチェックも無事クリアしたので、Haunted House (お化け屋敷) のスタッフとして今週は中学校でボランティアの予定です。小学校の時に、ダンスパーティーのボランティアに夫婦揃って参加したことがありますが、パーティーには DJ もいてかなり楽しかったので、旦那にもせっかくのチャンスなのでボランティア要員として参加するように言い、旦那のバックグラウンドチェックは現在結果待ち中(^^) ちなみに、このハロウィーンパーティーにも DJ アリとのこと (楽しそう!) 今日中には結果が出ているはずで、二人してお化け屋敷のスタッフとして働く予定です。お化け屋敷は割と最近導入したらしく、好評だったら地域の住民 (コミュニティ) にも公開したいと意欲的なジャックの中学校だったりします(^^) 

2018年10月21日日曜日

久々にテニス ~ テニスコートに猫を連れて来たインド人一家(^^)

サマータイムの終了まで残りあと 2 週間となり、シアトルが雨季に入る前の穏やかなお天気の日曜日。朝 9 時頃起きてきたジャックに「バスケットボールか、水泳か、テニスのどれかひとつ選ぶとしたらどれ?」と聞いたら「It's hard...」と言いながらも、テニスかな、と言うので、夕方にかけて近所(中学校の裏手にある) テニスコートへ久々にテニスをしに行って来ました(^^)
最近危険なほどに太ってしまい、毎日泳ぎに行かないとダメなぐらいな状態なので自分は水泳に一票だったのですが、水泳は屋内なので雨の日にも行けるけれど、テニスは屋外なので晴れの日に限る… ということでテニスコートへ。ジャックの中学校にはとてもいいテニスコートがあるのですが、このコートは木に囲まれているので夕方頃になると日陰になってプレイしやすいこともあり、こちらのコートを好んで使っています。 
30 分ほど二人でテニスをしていたら、公園の入り口に続く知る人ぞ知る狭い道に車が一台入って来て、インド人? パキスタン人?の家族が子供を連れてテニスをしに来たのですが、一緒にテニスコートにやって来た家族のメンバーは人間だけでなく、なんと彼らの猫も一緒で、その猫 (ロッキーという名前の猫) が自分達のコートに入って来る度にロッキーのフレンドリーで愛らしい仕草にメロメロでした(^^)
隣のコートで練習中の家族を見守るロッキーとジャック。うちのニャンバー (Amber) も一緒に外出できるように時々トレーニング中なのですが、ジャックの学校に車で迎えに行くだけでも、ガクガクブルブルなニャンバーなので、ロッキーのようになるにはまだまだ時間がかかりそうです(^^;; ロッキーはとってもマイペースで、家族がプレイするコートの脇で寝そべっていたかと思うと、黄色いテニスボールを追いかけたり…
リスが木の根っこを掘っていると、リスの姿をじーーっと見ていたり (飼い主曰く、ロッキーはかなりのハンターなのだとか)。前回旦那の打った不親切なボールを追いかけた際にピキっときて、人生初の肉離れを経験した左足の脹脛。すっかりよくなっていたのですが、ジャックと試合形式で打ち合っていた時に年甲斐もなく猛ダッシュをかけたら、またピキっときてしまいました。今回も歩行には全然問題ないのが不幸中の幸いでした。
昨晩遅くまでテレビを見ていた旦那は、今日は午後 3 時ぐらいまで寝ていて、自分とジャックが家を出る頃、遅い朝食を一人で食べていましたが、その後旦那から「猫が膝の上に乗っているから動けない」やら「猫を起こしたくないし」というメッセージと写真が送られて来て、うーん、それって何もしてないってことぢゃ(^^? と思いました。もっと父と子の時間を大事にすべきだといつも思うのですが、休日はいつも半日寝ている旦那なので、結局自分がスポーツの相手になっているという状態 (ウウム)。スポーツ関連の余談ですが、昨日生で見たフィギュアスケートの男子シングルの演技を、今日 CBS で放送していたので、旦那に頼んで録画しておいてもらったのですが、昨日、今日と一粒で二度楽しめました(^^) 放映中の解説者のコメントで「チケットを買う時には審判がいる側を調べて、審判と同じ側の席を買うべきだ!」と言っていて、へーそうなんだ!? と思いました。というのは、今回審判側にいたせいで、自分達がいた観客席側はカメラの死角状態で、旗を振っても手を振っても誰もテレビに映らない状態で、次回は審判の対岸の席を買うべき? という話をしていた直後だったので、参考になりました。確かに審判側にいる方が ”裏から” 見てる感じではなく、対岸よりも技がよく見えるような気がしました(^^)