2018年5月31日木曜日

アメリカ版芸能界への道? ~ ヘッドショット撮影と女の子は脚を見せるべし!の巻

昨年の冬休みにほんの出来心で行ってみたタレントオーディションの続編ですが、7月初旬にラスベガスで開催される子供向け一大タレントオーディションイベント=早い話が子役タレントのジョブフェア=求職求人イベントまで、一ヵ月あまりで、イベント参加者全員が提出しなければいけないヘッドショット(プロフィール写真)の提出期限の前日になってしまいました。ヘッドショットに関する詳細な連絡が来たのが遅かった事もあり、プロの写真家にお願いする時間もなかったので、5月末のオレゴン旅行中にホテルの部屋やロビーで写真を撮ったりしていましたが、顔写真一枚でOKなのかと思ったら、Commercial 用と Theatrical 用(コマーシャル用と劇場・演劇用のヘッドショットに、全身写真等実は何枚も必要な事が判明。正直焦りました(汗)
コマーシャル用と劇場用のヘッドショットの違いについてジャックに一応説明した上で写真を撮ってみたものの、素人がそれっぽい写真を撮ろうと思っても、やはり機材が劣っていたり、撮影技術で劣っていたり、また、演技なんて全然やったことがない子に深みのある表情を求めるのも無理な話で、もう最後は枚数揃えばいいよね、と... それにこれは冬休みに続き「ひと夏の経験」でモデルや子役を本当に目指しているわけではないので、ま、いーかと(^^;; 
ちなみにコマーシャル用は笑顔の写真で問題ないらしいのですが、劇場用はどちらかというと笑っていないマジな顔が一般的な模様。写真提出のお知らせと共に、服装のお知らせも来ていたのですが、興味深かったのは女の子は「脚を見せてください」という内容でした。脚の長さがわかる服を着るように! とのことで、超ミニスカートの場合には下にスパッツを履くように! などの注意書きもありました。 
また、どのブランドでもよいので、ブランド服を着た写真も必要との事だったので、ジャックの人生初のホワイトジーンズ(GAP) なんぞ履かせてみました。最初は「ホワイトジーンズなんてカッコ悪いから嫌だ!」と言っていたジャックでしたが、履いてみたら別にそんなにおかしくないということに気づいた模様。その話をハワイに住む旦那の叔母さんとしていたら、彼女も「ホワイトジーンズなんて履いてる男なんてダメよ~」みたいな反応だったのですが、ホワイトジーンズを履いたジャックの写真を見たら、あら、そんなに悪くもないかも? と言ってくれました。ホワイトジーンズはホワイトジャケットと並んでどんな色とも合うので結構重宝な一着だと思う (女性服では特に) のでした。6年前に他界した叔母さんの夫=旦那の叔父さんでプロの写真家だった Bob おじさん。彼がもし生きてたら、喜んでジャックのヘッドショットを撮ってくれたに違いない、と叔母さんも言っていました。そんなわけで、ド素人の旦那や、自分が取った写真の中から、エージェントから指定された脚の長さがわかる写真、ブランド服の写真、プロフィール写真は、結局こんな感じの写真を提出しました。昨年のオーディションの時にも思ったのですが、別に芸能界を目指しているわけでもなんでもない自分達は、かなり場違いなのかもしれない... という思いが強く、今回行くイベントでも Callback なんぞなくて十分、ラスベガスでの一週間を楽しんで来れればそれでもう大満足!と思っています。自分たちにとっての最悪のシナリオとは、まかり間違って Callback を貰ってしまい、オーディションでカリフォルニアに週末通わないといけない身になり、最終的にはカリフォルニアに移住しなくてはいけなくなったり、はたまたジャックが売れてしまい (絶対ないと思いますが^^;) ジャックの子供時代の写真をいっぱい持っている自分が、ジャックの写真集を出版したりしたら、旦那との間で泥沼の版権&印税争いの末離婚... みたいな展開が絶対待ってるね… ヤバい、やばい、そうやって人は不幸になっていくものなんだよね…(笑) と家族三人で勝手な想像のもとに話していますが、歌えば音痴、演技力もないし、結局劇団のコースにも参加しなかったので、アメリカ中の役者志望な子供達に比べれば全然ダメなのでそんなに心配はしていません。このイベントが終わるまで、虫刺されや極端な日焼けを避けるべく、山にも海にも行かない生活が続いているので、自分的にはとっととイベントを終わらせて夏休み全開モードに入りたいです(^^)

というわけで、オーディションイベントの続編は、ラスベガスでのイベント後、7月中旬頃の予定です(^^) アメリカの子役志望な子達の様子を色々レポートできるかもしれません。お楽しみに!

2018年5月28日月曜日

EU 一般データ保護規則 (GDPR) への対応

5月25日から適用の EU の一般データ保護規則 (略称: GDPR) 関連作業で連休前は結構忙しかったですが (多くの企業がユーザーへの告知や対応を行っていました) いよいよ適用開始です。
個人で利用しているブログサイトのサービスに関しては、Google Analytics のデータがこれまでのように保持されなくなるということと、とユーザーにメッセージが表示されることぐらいかな? と思っていますが、ヨーロッパはきっとこんな法律を作って施行する必要があるぐらい、これまで個人データがいいようにマーケティングに利用され続けてきたのだろうな~というのが率直な感想です。データ消去を義務付けること (所謂、忘れられる権利) は、一般ユーザー側からするとよい事なんじゃないかな? と。例えば、ドイツ、イギリス、フランスやスペインに旅行や出張で行った際に、ホテルを予約したり、チケットを購入したり、空港の WiFi を利用したり... とメールアドレスを要するものは、その後何年もマーケティング関連のメールが送られて来たりして、アメリカと日本以外の国からのメールはすべて胡散臭く見える自分としては、馴染みのない国からのよくわからないメールが来なくなって困る事は特にない気がします。(ヨーロッパの人達は逆にアメリカからの胡散臭いメールに悩まされ続けていたのだろうと思います) ま、でも、データを管理している側からすると結構大変な作業だと思います。ずさんなデータ管理をしていたら、罰金のいい対象になって相当痛い目に遭いそうで(EU はそういうところはかなり厳しそうなので) どの企業が最初のケースになるのか、それもかなり興味アリです。

2018年5月27日日曜日

メモリアルデー 3 連休: 3 日目 オレゴン家族旅行 ~ Mt.Hood

メモリアルデー3連休のハイライトは、Mt.Hood。ここは一年中スキーができる山で、夏でもスキーヤーで賑わっている山で、3 年前の夏休みに来て以来の Mt. Hood ですが、今回は旦那が Timberline Lodge に予約を入れていたので歴史あるロッジで一晩過ごすことに(^^) このホテルは昔のホラー映画、The Shining (1980) のロケでも有名なホテルです。
ご覧のとおり、お天気にも恵まれ、Mt. Hood の姿が壮観でした。スキーリフトは午後 2 時まで営業で、夕方までにはほとんどのスキーヤーが滑り降りて麓の町や近隣の宿泊施設に帰って行くので、満杯だった駐車場も夕方以降は閑散とし、Timberline Lodge の宿泊客と残りの日帰り観光客だけになるのでかなり静かです。
雪質はロッジ周辺はかなり Wet (湿った雪質) で柔らかく、アメリカのかき氷 (← 日本のかき氷とは全然違う) みたいな雪でしたが、雪だるまを作るには最適な雪質で、近くにいた小さな子供を連れた家族があっという間に巨大な雪だるまを作りあげていて、なんかとても微笑ましかったです(^^)
うちの家族はスキー一家ではない (=独身の頃は旦那も自分も滑っていたのですが、子供ができてからは、もっぱら簡単且つリフト代が要らないそり遊びや Tubing のみ) ので、あんまりスキー場の事情には詳しくなかったのですが、今回スキー場のロッジに泊まってみてはじめて、雪の整備車が夜の間もずっと翌朝までゲレンデの準備をするのだということを知りました。
ジャックと旦那が夕食時にプールでずっと遊んでいたので、夜11時まで営業のホテル内の RAMS バー&レストランで遅めの夕食でしたが、レビュー通りの美味しさと、(子供用メニューにある) アップルサイダーがかなり甘いですが、他とは一線を画す超ヒットでした(^^)
夕食を食べ始めた頃は、窓の外に Mt. Hood の姿が見えていたのですが、食べ終わる頃にはあたりはすっかり暗くなっていました。部屋に戻る前に、ホテルの焚火 (ガス燃料) の前で山と夜空を見ながら写真を撮っていました。手ぶれで何枚もダメな写真を撮りましたが、その中の数枚は結構いい感じに撮れて、ジャックも自分もご満悦状態(^^)

外から見たロッジはこんな感じです。この日は月がほぼ満月に近く、空には雲一つなくてとても気持ちのよい日でした。SONY の安いデジカメ (α 6000)なのですが、このカメラで星も写せることを今回初めて知り、ちょっと感激でした(^^) ← マニュアルを読めって(^^? ところで、週末には結婚式がよくあるらしいのですが、今日も結婚式が行われていて、披露宴やダンスが夜になっても続いていました。
ホテルの一角に設置されているガス燃料の焚火 (Fire pit)、翌朝気づきましたが、24 時間燃えている模様。山の上なので寒いかな? と思ったら、たまたま今週末が暑かったのか、昼間は T シャツだけ (ジャケットなし) でも震えることもなく、夜も気温がグンと下がるのかと思ったらそうでもなく、この焚火のおかげもありぬくぬくしながら星空の観測でした(^^)
山の中腹に見える灯りは雪の整備車のライトで、リフトの終点付近からゲレンデの整備を始め、夜通し作業をして、朝スキー客が来る前までずっと働いていた模様。一年中スキーができる山なので、ある意味季節労働や深夜バイトではなくてフルタイムのちゃんとした仕事なのかな? と。山とスキーが好きな人にはいいお仕事かもしれません。
星空を見ながら、天体観測が趣味な旦那がジャックに色々な星座の説明をしていましたが、ちょうど国際宇宙ステーションが自分達の目の前を横切って行くタイミングに居合わせ、えーあんなに明るいんだー? とビックリ。旦那曰く、巨大なソーラーパネルのせいであんなに明るく見えると言っていましたが、ホントにあんなにはっきり見えるのかと思ってインターネットで色々検索してみたら、ホントに本物の国際宇宙ステーションでした(^^) 最近のアプリは、リアルタイムで何が星空に見えるのか (通過中なのか) を教えてくれたり、自分で手で回す式の昔の星座表と比べると何十倍も楽に夜空を楽しめるようになり実に便利になりました(^^)

2018年5月22日火曜日

レドモンドから SEARS が消える日...

アバクロ (Abercrombie & Fitch) がショッピングモールから消滅しても痛くも痒くもなかったのですが、先日、SEARS レドモンド店の閉店セールの垂れ幕を見て、おぉ~ JC Penny に続き、とうとう SEARS が家から半径 10 マイル以内に一軒もなくなってしまう日が来るとは!? と 148th 沿いを車で通りながら、ちょっぴり残念な思いにかられる自分でした。冷蔵庫に洗濯機に乾燥機に食器洗い機など、レドモンドにある自分の持ち家の家電の大半は SEARS で買ったものなのですが、これは自分に限らず、レドモンド付近に 30 年前ぐらいに家を買った人達のほとんどが SEARS の家電コーナーのお世話になっているに違いないと思っています。実は SEARS が持っている家電のブランド Kenmore は、Whirlpool と並んでアメリカ全土の古い住宅では絶大な占有率を誇る家電ブランドだったりします(実質製造元は同じで違うブランド名で違う販売元によって売られているだけらしいですが...) 子供ができてからは、枚数的には子供服は GAP で買うことが断然多いものの、SEARS や JC Penny のようなお店が近くに一軒でもあると大助かり... なことが結構あり、ここぞという時に頼れる一軒でした。雰囲気としては、日本の ”赤ちゃん本舗” か、”ファッションセンターしまむら” のような感じのお店で、そんなもん、どこで買えるんだろ~?という物 (例、蝶ネクタイ、子供サイズのズボンのベルト) やら、女の子用だと馬子にも衣装みたいなドレスや、男の子用では三つ揃えスーツみたいなものが、幼児から少年サイズまでズラリと揃っているお店なのでした。GAP ではカジュアルな服はあっても、フォーマルな子供用の三つ揃えスーツなど売っていないので、入学シーズンとか、そういう季節の要因に関係なく一年中七五三のお祝いに着られそうな服を売っているのは SEARS と JC Penny ぐらいかな? ... と。オンラインショッピングは便利なのですが、服や靴に関してはやはり実物を見て、実際に試着してから買いたい人なので、そんなにサイズを取り揃えて、売れるんですかい? というぐらいの品揃えな SEARS や JC Penny は本当にありがたい存在でした。完全に閉店する前にレドモンドの SEARS の閉店セールを覗きに行ってみようと思っていますが、サウンスセンターモールの SEARS には生き残って欲しいぞ~と心の底から思います。自分にとっては、年に数回程度しか買い物をしないお店ながら、痒い所に手が届く品揃えなお店、として絶滅して欲しくないお店なのでした...

ちなみに SEARS レドモンド店閉店のニュースは先月末頃にローカルニュースで取り上げられていました。

2018年5月20日日曜日

学年末のあれこれ ~ ありそうでないカッコいい写真

いよいよ学年末まで一ヵ月を切り、クラスペアレントと呼ばれる、クラス内の行事をあれこれ仕切ってくれている大人版学級委員みたいなお母さん達からのお知らせメールが届くたびに、学校関連の行事もまさにラストスパートといった感じです。お知らせの中の一つに、入学した年と卒業する年の姿を比較するスライドショーを作るので、今週の水曜日までに幼稚園時代と 5 年生の時の写真をメールで送ってください、とのことで、幼稚園時代の写真を探してみたのですが、ジャックが常にベア (Bear、クマのぬいぐるみ) とべったりだったために、ジャック的にクラスのみんなに見せてもよい写真というのが皆無に等しい... という事態に(^^;; ...というか、いつの間に大親友の "Bear" と一緒にいる所を見られるとハズカしい、という心境に変わったのかと思ったのですが、やっと大人になってきたかな~と、親としては、ちょっと安心したというか、なんというか... でも、Bear と一緒に楽し気に写っている写真が使えないとなると、使える写真が全然なくて非常に困った状況で、結局横顔しか写っていないような写真をクラスペアレントには送る予定です。ところで、うちの子は、小さい頃はあんなに可愛かったのに... といつも心の中で思っていたのですが、こうやってあらためて幼稚園の頃の写真を見ると、うーん、なんか別にそんなに可愛いというほどでもなかったんだな... というか、親の目には何でもかわいいく見えてしまっていたんだろうな (親はみんな親バカになってしまう傾向にあるので) と思いました。むしろ、あの頃には気が付かなかったけれど、"三つ子の魂百まで..." って本当だよな~という感じです。5 ~ 6 歳ぐらいまでに、基本的な性格がすっかり形成されているような感じで、小さい頃から顔 (表情) に性格が表れていたんだな~と思いました。というわけで、今回の気づき、としては、振り返ってみると、ありそうであんまりなかった、子供のカッコいい写真、でした。

あとは、10歳と11歳の違いとでも言うのか、11歳になってから、あれほど嫌がっていたパンの耳を食べるようになったり、トーストが焼けた時の香ばしい香りが好きになったり、と、これまでとは明らかに違う変化が顕著になってきました。大好きだったヌテラを、過去数年間毎日朝食に食べていたのに、最近ではヌテラを塗ったパンよりトーストにマーガリンを選んだり… 大人になったね~ジャックも~と思いました。

2018年5月15日火曜日

親バカのための、春のコンサート(*´▽`*)

うちの子の小学校では、5年生 (日本の小学校の6年生相当) になると、選択した楽器を一年弱練習して、学年末頃にコンサートをやるしきたりがあるのですが、この日がそのコンサートの日でした(^^) 昨年9月に学校推奨のバイオリン専門店でレンタルした子供サイズ(3/4)のバイオリンを弾くジャックの姿に親バカな旦那と自分はもぅ目尻が下がりっ放しなのでした(*´▽`*)
コンサートが始まる前に先生が順番に調律をチェック。ところで、学校からのお知らせに、コンサートの時には Tシャツや運動靴ではなく、ボタン付きのシャツ、フォーマル過ぎないセミフォーマルな服装で... と書いてあったので、母の日に庶民の味方な SEARS で安いシャツとズボンを買って着せたら、これがまたなんかいい感じ(超親バカで、スミマセン、すみません、すみませんっ)(笑)
お知らせの手紙を親に見せていないと思われる子供達は Tシャツに短パンに運動靴で、足のサイズがほぼ同じだからと、自分の革靴を履かされていたジャックは少々文句を垂れていましたが、でも「I kinda like it.」といつもとは違う服も結構いいかも(^^) と言っていたジャック。ちなみにジャックの友達のお母さんも「うちの子、蛍光色の運動靴しか持っていないから、今日は私の靴を履いてるのよ^^;」 と言っていました。
ジャックは何でも自分と一緒にやるのが好きで、家でジャック達の演奏曲を一緒に練習させられたりしたのですが、ジャックはどう考えても音痴 (絶対音感がない!) と思われ、半音ズレたまま誇らしげに弾く姿がまた可愛くて(親バカでスミマセン、すみませんっ^^;;) ちなみに、バイオリンの子達はセカンドなどなく、全員ファーストバイオリン(曲自体があまりにも単純なので、全員主旋律担当^^)
ジャックの親友の金髪 M君も音楽の授業が始まった頃はジャックと一緒にいたいという健気な理由でバイオリンだったのですが、練習をあまりせずに授業に集中せずジャックと遊んでばかりいたので、途中でオーケストラグループではなく、ブラスバンドグループの打楽器担当に変わったのだとか...(ちょと残念) ちなみに隣にいる女の子はクラスで仲良しの R ちゃんとの事 (ジャック談)
コンサートは夜7時開演だったのですが、子供達は 6時15分集合だったので、親達も早めに学校に来てコンサート開始前の写真やビデオを撮っていました。手前が弦楽器のグループで、奥が管楽器のグループです。全員一緒に演奏ではなくて、それぞれ短い曲(違う曲)15曲ぐらいを、5曲演奏するごとに演奏を交代するという流れになっていました。
ちなみに、小学生の演奏は、思った以上に上手でした(^^) 昨年の秋頃の授業ではひたすら運弓=ボーイングだけをやっていたジャック達なのですが、今では自分よりジャックの方が弓の使い方が上手なぐらい上達しました(自分は他の絃に触れてしまう事が多いので^^;;)
あとは、コンサートともなると、3 歳の頃からバイオリン習ってます(^^? みたいなアジア系の子達やら自前のチェロとか持っているお金持ちな子供達の安定した演奏のおかげで全体的な質が底上げされている感じで、それもよかったです(^^) 自分が通っていた公立の小学校には、こんな音楽のプログラムなんぞなく、小学生からオーケストラ!というだけで素敵だな~と思いました。
アメリカ人の旦那ですら経験しなかったような、たくさんのユニークな経験をして大きくなっていくジャック。子供がいることで自分達も随分色々な事を経験しましたが、こうやって子供達がすくすくと育って行く姿を見ていると、ホンワカとした幸せな気分になります。独身時代、あんなに子供を持つことを恐れていた自分なのですが、やってみると意外にも楽しい事の方が多かった子育て。大変なのはこの先、中学、高校からなのかもしれませんが、また一つ、楽しい思い出となった小学校の春のコンサートでした。

2018年5月13日日曜日

母の日 2018 (´▽`) ~ Avengers: Infinity War (2018)

今日は母の日だったので、朝から旦那が朝食を作ってベッドまで運んでくれて "Breakfast in Bed" を楽しみました(^^) ジャックは、先週 Teacher Appreciation Week (日頃お世話になっている先生達に感謝する週)に担任の先生にもあげた折り紙の花を手作りの花瓶に入れてプレゼントしてくれました(^^) 蝶の形のカードは学校で作ったものらしいです。旦那からは朝食と、Amazon のギフトカード付きのカードと、映画と Tシャツのプレゼントでした。長いようで短い子育て期間。過去の母の日のブログを見ながら、もう11年も母親業をやってたのか~と我ながら思います。
母の日だから今日は一日マミーの好きなことをして過ごしていいよ、と言うわりには、バスケットボールで遊びたい!やら、家でアニメのビデオが見たい!等々、自分のやりたいことをゴリ押しして来るジャック(笑) とりあえず、健康的に過ごしたい!という願いを叶えるべく、近場のトレイルを小一時間ほどかけて散歩でしたが、その途中で鴨の親子を発見!母の日にピッタリな光景でした(^^)
散歩中に、近所にワンサカいた青い鳥=Steller's Jay を最近見かけない... と旦那が言い出し、あぁ、やっぱり自分だけがそう思っていたわけじゃなかったんだ... と思ったのですが、姿を消した青い鳥達はどこへ行ったのか? 非常に気になります。さて、木陰にいれば涼しいかも? などと思っていたら今日は真夏のような暑さで、外で一日過ごすには暑すぎだったので、散歩の後はショッピングモールに涼みに行くことに...
小学校生活もいよいよ大詰めで、色々なイベントが目白押しなのですが、今週開催のコンサート (ジャックはバイオリンを演奏) にはドレスコードがあり、学校からのお知らせに Tシャツ、運動靴は不可とあったので、涼みに行ったついでにシャツとズボンを新調(^^)
親バカですが、まっとうな服を着せるとそれなりにカッコよく見えて、立派になったね~ジャックぅ~(´▽`*)と、目を細める旦那と自分でした。男の子用のスーツ売場には、3歳児ぐらいの幼児用のスーツもあり、ジャックもこんなに小さい時期があったんだよね~と、そこでまた目を細める旦那と自分(^^;; ところで、左の写真は、旦那がプレゼントしてくれたリスの T シャツの写真です。前から欲しかった一枚で、明日会社に着て行く予定です(^^)
母の日のランチは日本風なクレープとしてモール内でも人気の Unicone Crepes のツナサラダと定番のチョコバナナクレープでしたが、日本のクレープ屋さんと変わらないお味にボリュームもあり、Southcenter Mall でおススメの一軒です。
ランチの後は、ショッピングモール内の映画館で Avengers の新作、Infinity War (2018) を観て来ましたが、Iron Man のトニー・スタークと、親友のローディの老化にはちょっと寂しいものが... 二人とも顔が痩せたせいか、ぐっと老け込んだ感じがしました。そして The Winter Soldier (2014) では、キャプテン・アメリカは、本人がカッコイイだけじゃなくて、親友もハンサム(≧◇≦)と思っていたら、バッキー、なんか顔が丸くなってるし... Dr. Strange の戦いぶりは、なんかとっても魔法使いな感じで文句無しにカッコよかったですが、既に一度映画館で観ている旦那やジャックをはじめ、会社の若い同僚達から「すごくいい」と聞いていたせいもあり、この新作への期待値が高過ぎたのかもしれません。派手な割にストーリーにはあまり厚みがなかったような印象を受けました。ま、そんな感じでしたが、楽しい母の日を過ごすことができました(^^)

2018年5月12日土曜日

シード決定戦 ~ 相手チームの笑顔が素敵すぎる件(^^)

土曜日はシード決定戦の最終ゲームの日で、近所のグラウンドに朝 9 時集合、9 時半試合開始というスケジュール。試合開始直後から大量リードで好調の Cubs。ジャックも毎回出塁で、盗塁に次ぐ盗塁で三塁ベースに到達。男の子達はみんなスライディングが上手いのですが、あれは DNA に組み込まれているんですかね(^^? 膝を痛めそうで自分には真似できないです。
三塁に立つコーチは、この日は子供達と何度もハイファイブできるほど、Cubs の打線炸裂でした。リトルリーグには Mercy Rule (マーシールール)があり、一回に5点入るとそこで攻撃を終了やら、点差が 10 点以上開くと試合終了になります。ボコボコにやられ過ぎて負けているチームの子供達に絶望感しか与えないような試合にならないようにするための配慮な模様。
電光掲示板のスコアは 5 回裏で 9 対 14 になっていますが、相手チームは 5 回表で 9 点差に追い詰められて、もぅ~あと一点入れられたら負け確定 (5 対 14)というプレッシャーの中で 1 アウト満塁のチャンスを得たのですが... 
なんと、なんと、すごいプレッシャーの中での満塁ホームランに親も子供達も大喜び!対戦相手であるうちのコーチや親達も笑顔で拍手を送り、実に感動的な瞬間でした(^^) チームフォトグラファーなので、普段はうちのチームの写真をメインに撮っていますが、この瞬間は沸きに沸く対戦チームの素敵過ぎる笑顔に釘付けでした(^^)
9 点差からいっきに 5 点差に縮まり、一瞬相手チームの追い風ムードに押され気味になったものの、結局 6 回表を守り切りCubs の勝利で試合終了(^^) ちなみにリトルリーグは 9 回ではなく 6 回で終了。トーナメントの際は、最終回に限って双方のコーチの合意のもと、Unlimited (点数制限、Mercy Rule 無し) で決着が着くまでプレイできることになっています。観客席から子供達の試合を観ながら、ジャックがいることで、自分達は随分と色々な経験を楽しませてもらっているよね、と旦那と話ていましたが、その中でもリトルリーグは親達も週に 3 回顔を合わせるうちに、家族の延長のような親近感を感じるようになり、子供達を中心にした輪が広がっていく感じがします(^^) ちなみにシード決定戦の結果ですが、うちのチームとこの日の対戦相手は最下位の 2 チームなので、当然ながらシード無しで、2日後のトーナメント第一戦でまた対戦する模様(笑)

2018年5月11日金曜日

TGIF 昼休み(´ー`)

(写真は今朝のアンバー&庭のお花です) ブログの下書きフォルダーが未完のブログエントリーで溢れかえっている状況ですが、昼休みにまたしても家に帰って、猫とまったり。猫の「遊んで~!遊んで~!」攻撃も落ち着いたのでオフィスに戻る前にブログでも更新しておこうかと...(^^;; 今週末は母の日なので、昨晩は実家に電話をかけ、両親に母の日のギフトのうなぎの配達日のお知らせやら、家族の近況、今年の夏休みの計画などを話していました。
ブログの更新は滞っているものの、Facebook にちょこちょこアップしている写真は親も見てくれているので、元気な様子はいちおう伝わっている模様(^^)
さて、急に気温が高くなり、うちの前庭の木が今 8 部咲きぐらいになっていてきれいです。朝から蜂もブーンブーン群がっていて、蜂に追いかけられないように注意しながら登校前のジャックとお花をいくつか摘み取って、Mr.W のお墓に飾りました。
渦中にいると「見えないものがある...」ということを、最近 Mr.W の晩年の写真を見ながらつくづく思いました。というのは、毎日ずっと顔を合わせている状態だと、Mr.W があんなにおじいちゃん (老猫) になっていたということにまったく気づなかったんだな... と。今見ると、痩せて顎のラインが三角になり、白髪まじりのタキシード猫の姿が写っていて、そっか、あの時は「猫だからいつまでも変わらない」なんて思っていたけれど、こんなに年をとっていたんだね... と思いました。同様に、Faecbook に時々出て来る「x年前の今日」の自分の写真、を見ると、あの頃はもっと太ってたんだな~>自分(^^;; まるまるとした顔が実に健康そうだよ...パトラッシュ(笑) と、心の中で自分にツッコミを入れながらも、一緒に写っているジャックの姿には、「うーん(´▽`*)やっぱり小さい時の方がかわいかったね~」と改めて思ったり... というわけで、TGIF! 金曜日の昼下がりでした。

2018年5月7日月曜日

近隣の高校で野球のクリニック & クソ暑い日こそ鍋(笑)

只今リトルリーグのシーズン真っ只中なのでなんだかんだで毎日のように野球の練習やら試合に出かけている気がしますが、この日は近隣の高校のグラウンドで、高校野球の監督と選手による子供向け野球クリニックの日でした。まるで夏のような暑い日だったのですが、小学生ぐらいだとみんなニキビ一つないきれいなお肌でなんかキセキの時代(アニメ、黒子のバスケのキセキの世代風)みたいでいいね~(´ー`)と思いました。
... というのも、高校のグラウンドに掲げてあった野球チームの写真を見ると、みるからに少年とは違う生き物に成長したアメリカンな野球選手達の姿があり、しかも等身大の写真の 8 割はかなりのニキビ面(そこなの^^?) 汗まみれになるスポーツ選手のお肌はやっぱりこうなる運命なのか... と思うと、ジャックのお肌の行く末を今から心配する母でした。体質とか遺伝もありそうな気がしますが、高校生になってもジャックの顔にニキビが大量にできませんよう!
かなり暑い日だったのですが、野球のクリニック (練習) が終わった後は、久々に Little Sheep Hot Pot に行ったら、思った通り全然混んでいなくて、待ち時間ゼロですぐに席に案内して貰えました(^^) ガラガラで閑古鳥が鳴いているのか? と思ったら、中国人と思われるファミリーやら、カップルやらが美味しそうに鍋をつついていて、おぉ~キミ達も賢いっ!このクソ暑い季節にこそ鍋!と思いました。  
店内は冷房がガンガン効いているため、鍋がグツグツ煮立っていようが快適空間そのもので、ホントに、夏こそ鍋!と思いました(^^) 客が少ない分、心なしかサーバーの人が何度もテーブルに様子を見に来てくれるので、痒い所に手が届くサービスというか、お会計の際にはチップを弾んであげたくなる優良サービスだったのもよかったです(^^)
食べ盛りな男の子がいるので、食べ放題メニューにしましたが、12歳になるまでは子供料金でOKなので、子供料金を存分にエンジョイするべく、寒い日、暑い日、鍋な気分な日に、時々足を運ぶのもよいかな、と思っています(^^)
辛いモノはあまり好きじゃないジャックと一緒の時は、スープはオリジナルの一種類だけにしていますが、おススメは、辛いスープとオリジナルのハーフ&ハーフです。このスープも食が進むにつれ、肉の出汁でかなり濃厚なスープになり、スープとして美味しくいただいていたのですが、スープが減るとサーバーのおじさんがササっと注ぎ足しに来てくれて、まさに痒い所に手が届くサービスでした(^^)

2018年5月4日金曜日

5月4日は、STAR WARS DAY! & 最近の諸々

日付変わって今日、5月4日はアメリカでは、”May the Force Be With You” の Force と Fourth をかけて STAR WARS DAY (スターウォーズデー)。きっと今日はあちこちで STAR WARS なコスプレの人達で溢れていそうですが、うちの会社も (若い人達が多い会社なので) STAR WARS 関連の業務連絡(^^? メールが流れていました。今日は STAR WARS T-シャツで出社の予定です(^^)

さて、最近の諸々、というタイトルにもあるように、最近の近況その他を脈絡なくお届けすることに... まずは、Google Analytics 関連から... 興味&安全性の目的も兼ねてうちのブログサイトにアクセスする人達の Geo Location=位置情報のデータは割とマメにチェックしている自分。一時期ロシアのハッカーなのか? やたらとロシアからのアクセス数が多い時期 (トランプ大統領の就任前後) があったものでしたが、アラブ首長国連邦からのアクセスがポツポツ入り始めると、なんとなくアラブにいる日本人がうちのサイトに来るのだろうか? などと思いながら自然とデータに注目が集まっていたりします。中近東はなんとなく得体が知れない国々が集まっている (単に自分が行ったことがないエリアだから、というだけなのですが) というイメージがあるのですが、中近東以外にもいくつかアクセスを試しにブロックしてみようかなと思う国があるので、ある日突然このブログが読めなくなってしまった、という事が起きるかもしれませんがその時はご了承ください (← 後学のために、ブロックした上でちゃんとブロックできているのかを Google Analytics のデータと照らし合わせて見てみたい気が...)

遅まきながら毎年の健康診断を受けてきたジャック。誕生日の直後ぐらいにやるのが一番時期的にはよいと思うのですが、アメリカの医療保険制度のせいで、親がうっかり健康診断に連れて行くのを忘れていると、次回連れて行った日にちが後々まで年に一度の健康診断の日付になってしまうという事を知り、旦那め~と思ったのですが、後の祭り。かかりつけの小児科に通う限り、ジャックの健康診断は初夏まで待たねば、ということになっているようです。その理由としては、医療保険では年に一回~数回、保険で完全にカバーされる検診があるのですが、その一年間が元旦から大晦日までのカレンダー上の日付ではなく、会社員だったら、会社に採用された日にち(=医療保険に加入した日) が関係したり、自己負担がゼロのものは色々と保険会社側のルールに則していないといけない模様。久々の健康診断では予防接種を何本か受けたのですが、アメリカでは女の子に限らず男の子も中学生になる前に HPV (ヒトパピローマウイルス、子宮頸がんワクチン) を有無を言わさず打たれるのですが、個人的には稀に起きると言われる副作用の危険性について、お医者さんからちゃんと説明を受けてから受けさせたかった... というのが本音です。幸い接種後特に具合が悪くなることもなく、毎日野球の試合や練習にも出かけているのでほっとしていますが、それでも今後何かの予防接種を受ける際は (打った後で紙切れ一枚を渡されるのではなく)できるだけ事前に情報が欲しいと思いました。

会社ねたはほぼ NDA の関係上 SNS 系でも何も書かないようにしていますが、直接仕事内容に関係ないところで... 月初めに毎月恒例の Potluck パーティーがあり、今月も美味しい手料理やら、近隣のレストランからの食べ物が出揃いお腹いっぱいでした。でも、もうそろそろヤバいかもしれない... というぐらいお腹周りに肉がついていて、Potluck 実行委員長(^^;; 的な役割を担っている身ではあるものの、もうやめたいかも~(美味しいモノがあり過ぎて、意思が弱い自分には食べないというオプションがないので^^;;) と真剣に思い始めるほど... カラダはやばい状況です。一応毎日昼休みに会社周辺を数キロ歩いたり、家に帰ってからも先日は 10キロも歩いたのですが、このままでは絶対糖尿病になってしまいそうで怖いです。ただ、この話 (ウエストが90㎝ぐらいになってるよ~) を友人、知人にしたところ、「あるある~」というこだまのような返事が返って来て、やっぱり 50過ぎるとみんな新陳代謝が衰えて似たような状況に陥る人達も多い模様(^^;; でも、もぅスナック断ちだけでも敢行せねば!です。丸一年ぐらい、もうあんまり外食にも気が乗らない (と言いつつ、お付き合いで出かけたりもしますが) ほど、食べることは楽しみではなく、後悔の念の方が大きくなって来た気がします。きれいに盛り付けられた食べ物を見ること自体はいまでも好きなんですけどね... これはもうこのままなのかもしれません。

小学生向け、性教育のカリキュラムが春休み明けから行われているとのことで、導入編としてはまずはドラッグや煙草の害について学校で学び始めたジャック。習って来た事を話して聞かせたくて仕方がないお年頃なので、「ねーねー知ってる? タバコを吸うと肺の中にタールが信じられない量溜まるんだよ!タバコを吸う人達って信じられない!タールだよ!タール!!」と心の底から思えるような教育をしてくれていることに感謝です。ドラッグとタバコ以外には何か習ったの? と聞いたら、「先生が、vagina (ヴァジャイナ) とか、penis (ピーナス) と言った時にはクスクス笑っている子もいたけど」という前置きのもと、ジャックはほとんど笑ったりせずに、結構クールに聞いていたらしいのですが、先生の口から放たれた、性教育系の用語の響きにちょっと吹いてしまった(^^;; と言っていて、かわいいな~と思いました。今の所性教育が始まったからといって、特にクラスの女の子達との間に妙な空気が流れることもなく、吹き出してしまう子は吹き出し、クスクス笑ってる子は笑いながら、授業は進んでいるとのこと。小学 5 年生の担任の先生って、ある意味すごいな~ (ありがたいな~) と思いました(^^;; きっと子供達にわかりやすいように、教えてくれているのだと思います。

おっと、あと7時間後に、カリフォルニアに戻る予定の同僚をホテルに迎えに行かねばなので今日はこれにて!