2018年8月31日金曜日

ピカピカの中学生 ~ 日本とアメリカの中学校の違い

昨日から新学期が始まりましたが、自分はアメリカで教育を受けた事がないので、アメリカの中学校のシステムすべてが目新しく、へぇ~そうなんだ~!? と思う事が多々。習う科目の履修方法などもそうですが、登校2日目で色々と中学校での流儀がわかってきたジャックから聞いた話を紹介すると…


中学にはホームルームがない!なんと、何年何組というようなクラス (ホームルーム) がないとのこと。なので、担任の先生もいなくて、強いて言えばスクールカウンセラー? が学校関係の相談役スタッフらしいのですが、スクールカウンセラーは何人かいて、好きなカウンセラーに話を聞いてもらうのではなく、ラストネーム (=ファミリーネーム=姓) 順に学校側があらかじめ割り振ったカウンセラーの所に行くように!とのこと。そう言えば学校のオリエンテーションで、ラストネームが B で始まる生徒のカウンセラーは xx さん、みたいな話をしていたのを思い出しました。


Class of 2011 ホームルームはないけれど、学年毎にひとまとめにしたのが、Class of xxxx。思い起こせば
保育園の時からそうでしたが、アメリカは同学年の生徒達をひとまとめにして、Class of xxxx ように呼ぶのが習わしになっていて、この xxxx には入学した年ではなく、卒業する年が入り、例えば今年中学校に進級した子達は、中学が 3 年間の学校の子だったら、Class of 2021 になります。アメリカは日本のような 6 - 3 - 3 ではなく、中学が 2 年間だったり 4 年間だったりするので、学校によっては今年中学生になった子達が Class of 2022 だったりすることもあるようです。

休み時間の 4 分は移動時間 ジャックの話では、授業と授業の間に 4 分の休み時間があり、その間に自分のロッカーに戻って、前の授業で使ったものをロッカーに入れ、次の授業に必要なノートやテキストや指定された物を持って次の教室に移動するのだとか。結構短い時間での移動なので、友達と廊下やロッカーですれ違っても、「Hi」しか言えないぐらい短いと言っていました。

ランチタイムのあれこれ 休み時間に友達と話す時間もなくてどうやって友達とか作ったり交流したりするんだろー? と思ったら、ランチタイムが主な交流の (ソーシャルな) 場になっている模様。ランチタイムのシステムも日本とは全然違っていて、お昼になったらみんな昼休みでランチを食べるわけではなく、学年ごとにランチタイムが 4 つのグループに分けられています。最初のランチタイムのグループに割り当てられている生徒達は、午前11時にはランチタイムが終わり、次のグループの子達がカフェテリアに来る前に、使ったテーブルやエリアをきれいにしておかなくてはいけないとのこと。またカフェテリアの席は毎回同じ席に座る Assigned seat (=席が割り当てられる) 方式で、まずはランチを一緒に食べたい仲良しの友達同士でグループを作って、空いている席にみんなで座ると、向こう 3 週間同じ席に座ってランチを食べないといけないのだとか。Assigned seat にする理由は、マクドナルドやショッピングモールのフードエリアみたいに、空いている席に適当に座る方式だと、食べ散らかしたり、テーブルを汚しても掃除せずに行ってしまうから、らしく、誰がどの席に座っているかがわかった状態で、ランチの後使ったテーブルをきれいにせずにカフェテリアから出るとものすごく怒られる? のだか、罰則があるんだか? とにかくそんな背景があるとのこと。また 3 週間で席替えになる理由は、ずっと同じ席だとグループが固定化して、みんなと友達になる機会が減るから? らしいですが、ジャック曰く、今一緒のグループ (男女各 3 人の計 6 人組) のまま、3 週間後にグループ毎別な席に移動すればいいだけなんじゃないかな? ということで、グループ自体を変えないといけないのか? の答えは 3 週間後にわかる模様。ちなみに、ジャックは小学校時代仲良しだったクラスメートの男の子 2 人と、元クラスメートの女の子 (何度かジャックと同じクラスになったことがある女の子 ^^;) とその子の女友達の 6 人で初めてのランチグループを結成しているらしいのですが、野郎ばっかりで固まってないあたりが、なんかアメリカっぽいというか、やるな~ジャック達、と思いました (こっそり覗いてみたいランチタイムの風景です^^)

下校時の風景 登校時は親が車で学校に送ったりする子も多い (うちもその一人) のですが、近所に住んでいる子達は、さすがにもう中学生なので帰りは自宅まで歩いて帰る子も多いです。ジャックが小学生だった頃、隣接する中学校から徒歩で帰る子達の姿を見かけることがあったのですが、友達と一緒に帰る子、男女数人のグループで歩いている子達、また、どう見ても恋人同士だな~この二人 (にやり) みたいなカップルなど、小学生と中学生では随分下校時の雰囲気も違うよな~と思ったものでした。中学生になったジャックも友達と一緒に坂の上の中学校から帰って来るのかな? と思って聞いてみたところ、新学期初日からランチのグループで一緒の女の子と学校の入り口で待ち合わせて一緒に歩いて帰る約束をしているとのこと。何? それっていきなり校門で待ち合わせパターン(^^? 青春真っ只中じゃーん! ジャックぅ~と、母親的には耳がダンボ状態なのですが、その女の子は小学校の時に何度か同じクラスになった子で以前から仲良しだった子なので、あぁ~あの子かぁ~と、なんとなく納得(^^;; ジャックの話では、話を始めるとなかなか終わらないので、二人ともちょっと遠回りしながら帰って来るらしいです(^^) そのうち放課後のクラブ活動などが始まると一緒に帰る日が減ったりしそうですが、とりあえず、出だしは順調なようでよかったです。このまま向こう3年間、落第したり、イジメに遭ったりすることなく無事に過ごせますよう!

2018年8月30日木曜日

Escape Room ~ 脱出成功!

このブログも 2か月近く下書きフォルダーに入ったままになっていましたが、夏の終りにレドモンドにある Escape Room へチームイベントで行った時の写真です。一時のブームは過ぎ去った感がある Escape Room ですが、チームイベントで行った所は、マイクロソフト社員のチームビルディングイベントでもよく利用されているらしく、結構人気のある Escape Room な模様。
過去の参加者の中にはビル・ゲイツの名前もありました(^^) チームは 3 つのグループに分かれ、殺人ミステリー、モナ・リザ? だか有名な名画を盗むアドベンチャーな部屋と、自分達のグループが挑んだ、タイムマシンで悪のロボットの企みを阻止する部屋に挑戦。このタイムマシンの部屋が一番難易度が高いとのことで、過去にこの部屋からの生還に成功したグループは数えるぐらいしかないとのこと。
うちのチームのゲーマーな若手メンバーが超賢くて、なんとすべての謎が解け脱出に成功してしまいました(^^) 聞くところによると、ビル・ゲイツご一行も脱出できなかったのだとか (実際、かなり難しかったです)
脱出成功グループは記念写真撮影があるということで、うちのグループの記念写真撮影でした (ポーランド、ロシア、中国、ブラジルとアメリカ出身の複合チームでの脱出でした^^)

ピカピカの6年生=中学1年生

今日から中学校が始まり、今朝は朝一でジャックの中学校へ... もう中学生なので親がついて行くのはどうなのよ(^^? とも思いましたが、初日なので持って行く荷物が多少多いことと、子供中学入学は子供にとっても自分にとっても一生に一度(一人っ子なので)のことだと思い、旦那も自分も教室まで一緒に行ってしまいましたが、さすがに小学校と違って親同伴の子の方が断然少なかったです。でも、家から学校までの短い道のりで、お母さんと手をつなぎながら登校している男の子がいて、ジャックと2人でニヤリ(^^) 学校の入り口にいた (案内役もどき?の) チアリーダーの女の子達に、「親も中に入っていいの?」と聞いたら、「もちろん^^」との事で、ジャックと一緒に始業日の校内に入ってみましたが、まさにアメリカの映画で見るような感じで、旦那やジャックに、マミーが一番興奮している!と言われてしまいましたが、ホントに映画のワンシーンみたいな感じでした。上級生の女の子達はみんな大きくて大人びていて、その脇でピカピカの6年生の子がロッカーの鍵と格闘中だったり(^^) ロッカーが開けられずに困っていた男の子がいたのでヘルプしてあげましたが、ジャック的には「知らない子に声をかけるのはやめて!」「知ってる子にもいちいち挨拶しないで(ハズカシイ)」ってな感じでしたが、一緒について行くのも初日だけなので許して~(^^; と思いました。

あとは、口にはあまり出さなかったものの、実はジャックも結構緊張していたようで、一度寝たら起きないジャックが、昨晩は夜中12時頃に目が覚めてしまったようで、ニャンバーと少し遊んでからまたベッドに戻っていました (中学は小学校みたいに甘くないんだからね!とちょっとおどかし過ぎたかもしれません^^;;) なので、今朝学校で小学校時代の仲良しのクラスメートに会った時には、男の子三人で嬉しそうにグループハグをしていて、ジャックだけでなく、みんな「知ってる顔に会えてよかった~」という安堵の笑顔が印象的でした。その後は三人ともリラックスした表情で、お互いの時間割りを見せ合ったり(ちなみに三人とも全然違う時間割り)した後、「じゃボクは Room xxxx だから!またね!」とそれぞれの教室に別れて行きました。

ちなみに、初日は朝一で前期の時間割りを貰うのですが、生徒一人一人履修する科目が違うので、同じ中学一年生でも朝一でいきなり上級の数学のクラスから始まる子もいれば、英文学のクラスから始まる子もいるといった感じでした。日本の学校と大きく違うと思ったのは、選択した科目の授業 (体育も含め) が基本的に毎日あるというシステム。この時間割りは前期の間ずっと続くらしく? 例えば前期に体育のクラスを取った子は、毎日体育の時間があるといった感じ (ホントにそうなのか? いまだに半信半疑だったりしますが、どうもそうらしい...) です。毎日同じ時間割りというのは合理的と言えば合理的なのですが、日本だと、体育や家庭科の授業がある日、社会の授業がある日、理科の授業がある日、のように、日によって科目が違った気がする(自分が子供の頃は、所謂「ゆとり」世代より前なので、習う科目数が多かったと言えば多かったからなのかもしれませんが)のですが、もしかしたら日本の中学も今は毎日同じ時間割りになっているのかも?

さて、中学校にはジャックの小学校以外の近隣の小学校 (公立、私立ともに) の子達もいて、リトルリーグで一緒のチームだった他の学校の子と一限目が同じクラスだったりしてひょんな所で再会したり... 中学、高校時代が楽しいものになるかどうかは、いい友達の存在が大きな要因となってくるので、自分の子供時代同様、ジャックも面白くて、そこそこ頭がよく、似たような趣味を持ち、ついでにスポーツもできる友達ができるといいなと思います(^^)

2018年8月29日水曜日

夏休み 70日目: 夏休み終了!

とうとう終わってしまった夏休み。何もしないうちに終わってしまいましたが、もうそんなことを振り返っている暇もなく、明日の初登校日に向けてロッカーのキーコンビネーションの確認やら、携帯電話を充電したり、文具をバックパックに入れたり、大忙しでした。ジャックは半日旦那のオフィスに行って遊んだりしていましたが、運動音痴な旦那に卓球で勝てたと言って喜んでいました。写真はジャックが Minecraft で作っているガンダムで、ジャックが自分の携帯宛に送って来た画像です(^^) 

中学生ともなると (あんなにマミー、ダディと一緒がいいと言っていたジャックなのに) 学校について来てもいいけど、遠目に見るだけにしてよね? 中学での reputation とか、色々あるから…^^;) とのこと。正直、ちょっと寂しいですね。実際に「ついて来ないで!」と言われるようになると(^^;; でも、自分も中学生の頃には親が回りをうろちょろ… なんて状況は考えただけでも迷惑&気恥ずかしい気がしたと思うので、これはこれで自然なことなのだと思うことにして、いよいよ明日から新学期です(^^) 中学でいじめにあったり、よくない友達と付き合うようになったり、いきなり勉強がわからなくなって脱落したりすることなく、これまで以上に楽しい学校生活を送ってくれたらいいな~と思います。

晴れときどき投資家 ~ 株は安く買って高く売るべし & 州内での初 Uber

今日は車の鍵を他の場所に忘れてしまい、車を家から動かせない状態に陥り、これまで旅行先でしか使ったことがなかった Uber で会社と自宅往復という一日でしたが Uber の運転手 (メキシコ人 & ナイジェリア人) との会話がちょっと面白く、特にナイジェリア人のお兄さんの著書の話は興味深かったです (正直ちょっと買ってあげたい気持ちになったので、Amazon で買ってあげるかも^^?) 電子出版が流行りの中、ちゃんと印刷した本しか売らないというお兄さんでした。そんなわけで、なんともあわただしい一日でしたが、下落中の TSLA 株の株価チェックや、AAPL、GOOG、MSFT 株など、持ち株の中でも好調な銘柄の取引状況などをチェック。今では 1,000 ドル超えてて当たり前のような GOOG 株も、買った時は 1 株 $350 だったり、今でこそ株価が 3 桁の仲間入りをした MSFT 株も、今だから公開しますが、持ち株制度でせっせと買っていた頃の株価は実にひどいものでした (左の表がそれです)。ボーナスを株で貰っていたりしたわけですが、長らく続いていた株価低迷期から抜け出せる日が本当に来るのか? 疑問を抱いている社員はたくさんいました (持っていても大して利益にならないだろうと、会社を辞める際に全部売ってしまったという友人、知人の話を何度も耳にしました) 自分が初めて AAPL 株を買ったのは、リーマンショックの後、株価がかなり下落していた時で、今にして思うとそんな時期によく株なんてやってたよな~>自分、という思いと、いい時期だけを見ているとあたかも何もかもが順調に見えがちですが、実際には大手企業の株も結構な氷河期を経て、今の株価になったんだよな~と昔の株価を見て改めて思いました。($20 台だった頃の MSなど、大丈夫なんだろーか? うちの会社? と誰もが思わずにはいられない状況でした) というわけで、詰まるところ、株は差分で儲けるシステムなので、安く買って高く売る、の一言に尽きるということを念頭に、どこで売ってどこで増資するか思案中(^^)

2018年8月28日火曜日

夏休み 69日目: 夏休み、残すところあと 1 日 ~ 不完全燃焼な夏

今年は例年になく新学期が8月の月末に始まるという年で、木曜日から新学期。今年の夏休みはジャックのタレントオーディションイベントのせいで、日焼けや怪我を避けるべく、何もせずに終わってしまった感じで、振り返ってみても、なんとも物足りない、不完全燃焼な夏でした ← と言うと、旦那は「先日シカゴに一週間も旅行で行ってたのに?」と言うのですが、山にも行かず、海にも行かず… な夏というのはジャックが生まれて以来初めてかもしれなくて、ジャックも、今年は何もしなかった~と、自分同様不完全燃焼気味。
去年、旦那の代わりにジャックと参加した川下りみたいな大冒険もなく、大好きな Mt. Rainer にすら今年は一度も行かないうちに終わってしまうとは!? さらに、昨年あんなに旦那が欲しがって買ったキャンプ用トレーラーがうちの庭先から一歩も出ていないという驚愕の事実⁉ 勿体ない、もったいない、勿体なさ過ぎる~っ‼ 「空気汚染がひどかったからね」とあたかもこの夏中空気汚染にやられていたかのように言う旦那ですが、やっぱり、基本的にアウトドアが好きじゃないんだな… ということを痛感。それなのに、今日もまた Amazon から届いた小包には、スカーフにもネックウォーマーにも、バンダナにもなるというアウトドア用のネックウォーマー 8 枚セットみたいな物が入っていて、山にも行かないのに買い物ばかりを続ける旦那はショッピング中毒なんじゃないか? と思っている自分。いっぱいあるから好きな柄をあげる、というので、2枚ほどネックウォーマーを貰いましたが、1枚はニャンバーの首に巻いてみたら、何気に似合っている気がしました(が、耳がギャオスになっているあたりで、ニャンバー自身は気に入っていない様子が見てとれます^^;;)

50歳を過ぎた旦那、なんだか以前よりダメ男 (ダメ夫) ぶりが進行中で、一つには年をとって色々なことが面倒臭くなってきたのだろうな~とも思える節が多々。自分もまさにその傾向はあり、結構大事なんだけど、後回しにしてしまう... みたいなことが増えてきているので、人の事ばかり言えないのですが、それでも学校関係の事は最優先でやって欲しいのに、先週の水曜日に貰った書類にまったく目を通してくれず、挙句の果てには一週間前の事でどこに書類があるかわからない、と言い出す始末(--; 書類は一週間旦那のデスクの上に置いてあったというのに、まったくもぅ~でした。そんなこんなでラスト1日!

2018年8月27日月曜日

曇り後晴れときどき投資家:非公開化計画頓挫後の TSLA 株に見る欲の皮(^^)

8月上旬に突然浮上した TSLA 株非公開化案。一ヵ月も経たないうちにやっぱりやらない~という話になり、例によって例の毎く株価がガクっと下がっていますが、株価情報をチェックしていると、慌てて売りに走っている人と同じかそれ以上に買いに走る投資家達も多く、何度目のドジョウかわからないぐらいこのパターンで儲けさせてもらっている「懲りない投資家」達のことを考えながら、さて、どうしようかな? と思案中。

ガツンと下がったとは言え、今の時点で売っても十分利益がある状態なので、負けない株の基本理念でもある "Play safe and don't be greedy" (欲張り過ぎず、安全第一) に沿って、ここで一旦利益確定も全然アリなのですが、過去の例から見てもいずれまた株価が上昇する可能性はかなり大で... もうちょっとだけ持っておきますか… という考え自体が既に株で負ける人のハマるパターン(^^;; だとわかっていても、もうちょっと持っていたいぞ、TSLA 株という状況(苦笑)

もうちょっと持っていたい理由はいくつかあり、その一つとしては、近所を走っている Tesla の数がここ数年で倍増したことです。以前は Tesla と道路ですれ違うとつい目で追ってしまうぐらい珍しかったのですが、いまや、角を曲がれば Tesla、信号待ちでも Tesla と、ドライバーにとっては結構人気車なんだな~と。これまでの投資でも、利用者が多い製品のメーカーに注目してきたので、そういう点ではまだまだ株主でいたいと思わせる会社だったりします(^^) また Elon Musk は現代のトニー・スタークだな~と (経営者というよりエンジニアな香を漂わせている所に目がハート) 日頃思っているので、Avengers の新作映画がリリースされる頃ぐらいまで売らずに持ってそうな気もします...が、晴れときどき投資家として、過去の売買実績 ($185で買って$240で売ってた時期など) から考えると 1 株あたりの希望利益額 (あまり欲張り過ぎない額^^;) を加算した額で Limit Order (指値) を入れておくのが 、現時点での良策かなと思っています。

うまく ? 匹目のドジョウが捕まえられるか、結果はまた後日!

2018年8月24日金曜日

夏休み 65日目: 中学校の説明会 & 永住権の更新手続き ~ バイオメトリクス終了

今日は朝 8 時から中学校の説明会でした。親達のミーティングと並行して、新しく中学生になる子供達=6年生向けのミーティングも行われていて、ジャック達のミーティングは学校でランチも出て午後まで続くという長いミーティングでした。このミーティングではシャペロン(付き添い役)と呼ばれる上級生達が 各新入生達に割り当てられていて、数日前に自宅の電話にシャペロンの中学生から自己紹介の電話がかかっていたのを留守電のメッセージで知りました。小学校とはまた違ったアメリカの中学校生活、今後が楽しみでもあり不安でもあり…
中学校の説明会に顔を出した後は、 7月27日にオンラインで書類を提出してから約一週間でバイオメトリクスのスケジュールが決まり、その 一週間後に封書で届いたバイオメトリクスのお知らせを持って十年ぶりに  Homeland Security (アメリカ合衆国国土安全保障省) のシアトルオフィスへ、指紋採取と写真撮影に行って来ました(^^) 心配していたシアトルの朝の通勤ラッシュは意外なほどに大したことなく、家から 30 分弱でオフィスに到着。
オフィスに隣接の駐車場は、現金のみ、と Web サイトにあったので、現金を持って行って大正解でした。ちなみに Web では $6 でしたが、まさに、料金は予告なく変更される場合があります、との断り書きの通り、2018 年 8 月現在の駐車場料金は $7 でした。予想外に早く着いてしまったので、車で 3 分ほどの所にあるマクドナルドでコーヒーを買って、その後オフィスに戻ってセキュリティゲートで手荷物検査を受けました。空港同様の手荷物検査と金属探知機での検査を受けますが、ビル内では携帯の電源を切るようになっているので、必要な書類だけを手に持ってビルに向かう人達を多く見かけました。バイオメトリクスに持って行くものは、通知の手紙、現在所持しているグリーンカード、運転免許証などの ID の三つだけです。セキュリティゲートを通過すると、床や壁に、バイオメトリクスの人はこちら、面接の人はあちら、と矢印とサインが出ているのでそれに従って移動し、シアトルオフィスでは 11 番の窓口がバイオメトリクスの窓口になっていました。待ち時間は10分弱で、ほどなく自分の順番が回って来ましたが、待っている間に、他の人達の写真撮影や指紋採取を見ていると、写真撮影では「ハイ、じゃあカメラに向かってスマイル~(^^)」のような、フレンドリーな雰囲気だったので、今度こそ、ニッコリ笑顔の写真を撮ってもらう気満々だったのですが… 「99番の人」と自分の番号が呼ばれたので、スタッフの人について奥の部屋へ… 担当の人が見るからにインド系の女性で、おぉ~アメリカの Homeland Security オフィスにも国際化の波が!と思いました。その担当者は真面目な面持ちで、「じゃ、そこに座って」と写真撮影用の椅子を指さし「じゃ、カメラを見て」と言われて座っていたら、あっという間に写真撮影終了。「Smile」か「ハイ、チーズ」な合図を待っていたら、そんなものは何もなく、淡々と撮影終了で、指紋採取の際に、コンピューターの画面に表示されていた撮ったばかりの自分の写真を見て超ガッカリ(T_T) 今持っているグリーンカードに負けず劣らず変な顔で写っていて、2028年の次回の写真撮影まで、冴えない顔のグリーンカードで次の 10 年を過ごすことになりそうです。ま、そんな目に遭ってしまったものの、悲報の中にも朗報は、バイオメトリックの最後に現在持っているグリーンカードの裏にオレンジ色のシールが貼られ、これにて来年の8月までグリーンカードが延長されたので、もし今年の 12 月中旬までに新しいグリーンカードが送られて来なくても、海外旅行や合法的に働くことが可能になり一安心でした(^^) インターネットで見た情報では、延長手続きにも別途料金がかかるような話を見かけたのですが、実際にはグリーンカードの更新費用だけでOKで追加料金等はありませんでした。

というわけで、後は実際にカードが送られてくるのをのんびり待つだけ、ということで、めでたし、メデタシ!

2018年8月22日水曜日

夏休み 63日目: 初登校 ~ 中学校へ諸手続きへ(^^)

夏休みも終わりに近づき、今日は中学校への実質初登校と言える日でした。自分自身がアメリカでの教育を受けた事がないので、これから始まる中学生活がどんな感じなのか、興味津々なのですが、アメリカの学園もの映画で見るようなドラマがこれから始まるのか、中学校でも小学校同様かそれ以上に楽しく過ごせるものなのか、親としても期待と不安が混ざった心境です。 
アフタースクールに通っていた時期もあり、小学校で既に上級生や下級生との縦の関係ができるようになっていたので、中学校の上級生の中に知り合いや仲良しだった友達がいるので、ジャックは彼らとの再会をかなり楽しみにしているのですが、小学生と中学生ではかなり違うので、「Jack Who?」みたいに忘れ去られてたりしたら、ちょっと悲しいかも? 等々、親としては何かと要らぬ心配に走ったり... 
さて、アメリカの映画で学校のシーンでよく見るズラリと並んだロッカーですが、諸手続きの中で学生証の写真撮影と並んで最も大事なことの一つが、ロッカーの鍵番号(キーコンビネーション)をもらって、ロッカーの位置を確認することでした。親に連れられ、貰った番号でロッカーを開ける練習をしている子供達の姿を見かけましたが、初めてだとうまく番号を合わせられず開かない事も多いようなので要練習でした。

ロッカーの後は、学生証の写真撮影へ… 撮影後 30 秒ほどでプラスティック製のカードに印刷された学生証が出来上がり、それを貰って写真撮影終了。ジャックは、ニッコリ笑顔で写っていて、なかなかいい学生証でした(^^) ちなみに女の子達の中には、撮った写真が気に入らなくて撮り直しをしてもらっている子もいましたが、この先携帯する身分証明証なのでできるだけいい顔で写りたいものです(^^)

2018年8月20日月曜日

シアトルの深刻な大気汚染状況

休暇明けの月曜日。カナダやワシントン州内で発生している山火事の煙のせいで、なんかとんでもなく大気汚染が進んでいるらしいシアトル。昨晩の月が妙に赤かったの煙った大気のせいだったようですが、今日は太陽が真っ赤でした。ニュースによると、今のシアトルの大気汚染状況は中国よりもひどいらしく、できるだけ外出しないように、とのこと。

さて、今日は久々に会社に行ってみましたが、先週から急ぎの仕事が入っていたようで、いつもより少々忙しかった模様。仕事のパートナーにはちょっと申し訳ない時期に休暇を取ってしまったな~と思いましいまいしたが、前職と違って休暇中、丸々一週間もの間、全く仕事のメールをチェックしなくてよい仕事...というのを一度体験してしまうと、もう忙しい仕事には(よほど給料が高くない限り)戻れないな~(笑)と思ったり(^^;; とりあえず、夏休みに予定していた旅行はすべて終わりほっと一息。あとは大気汚染の状況が改善したら、週末に山にでもハイキングに行けたらと思いますが、この煙、一体いつになったら晴れることやら...

2018年8月18日土曜日

夏休み 59日目: 映画 Mission Impossible - Fallout (2018) & プライベートピアノコンサート

シカゴから戻った翌日の土曜日は、ジャックを連れて先月公開の Mission Impossible - Fallout (2018) を観に行って来ましたが、もぅ~最高!の一言でした。旦那は旅行中に隣り合わせになった他の観光客の風邪を貰ってしまい、一昨日の帰りのフライトあたりから風邪薬無しではかなりキツイ状態だったので、家で留守番でしたが、旦那の風邪が治ったらもう一度家族で映画館に観に行ってもよいと思えるぐらい楽しめた映画でした。自分の影響でトム=クルーズファンのジャックも、超よかった!と言って喜んでいました(^^) 前作から MI6 のスパイとして登場したレベッカ・ファーガソンが今回の Fallout でも実に魅力的で、トム=クルーズと同じぐらい目が離せないキャラクターで素敵でした(^^)

映画の後はフランス人の同僚宅でのバースデープライベートピアノコンサートに行って来ましたが、UWの音楽科の博士課程を卒業したばかりという若いフランス人女性のピアノ演奏をワインを片手に聴くというなんともお洒落な夕べでした(^^) フランス人だけあって、ワインと一緒に用意されていた軽食 (スナック) がまたお洒落で美味しゅうございました。うちのチームからは、プエルトリコ人の同僚とフランス人の同僚がそれぞれ彼氏を連れて来ていました。旅行中、ほとんど仕事のメールやチャットはチェックせずにいたので、コンサートの後、同僚達に先週の仕事の状況聞いたら、先週は少々忙しかった上、週明けはカナダのバンクーバーで現在開催中のイベントを観に行く人も結構いるようで、月曜日に出社な人は少なそうな予感です。前職に比べ、休暇中に全く仕事のメールをチェックしなくても OK なのは本当に楽で、今回のシカゴ旅行もとてもいいファミリーバケーションになりました(^^)

2018年8月17日金曜日

夏休み 58日目: シカゴ観光 その4~ Museum of Science and Industry (MSI) & ジャックの正体は猫?

シカゴ滞在最終日は、ホテルに荷物を預けてチェックアウトした後、CityPass で未使用だった最後のチケットを使ってシカゴ科学産業博物館、Museum of Science and Industry (MSI) へ。シカゴは見所があり過ぎる~とここでもまた思いましたが、こういう博物館がシアトルにもあったらな~と心底思いました。とにかく広い!という印象の博物館には、プラネタリウムや、列車、潜水艦、アポロ計画の展示をはじめ興味深い展示がてんこ盛りでした。
ここも丸一日かけて見て回りたい所でしたが、夜 7 時台のフライトでシアトルに戻る予定で、空港まで Uber を使う予定だったので、3 時半頃まで館内を見て回りましたが、途中カフェテリアでランチを食べたりしていたこともあり、まったく見て回ることができなかったエリアもありちょっと残念… な反面、また次回見て回る楽しみもあっていいのかな… とも。 
博物館のテーマが科学と産業、ということで、人気の Toy Maker (玩具製造工場) やら、鏡の迷路 (Mirror Maze)、などなど興味深い展示品だけでなくアクティビティも色々あり、子供から大人まで楽しめて、シカゴに行ったら是非訪れるべし!なおススメの博物館でした。 
鏡の迷路 (Mirror Maze) は、いつでも入れるわけではなく、入場できる時間が印刷されたチケット (無料のチケットで、ディズニーランドの Fast Pass みたいなものです)を人数分入手した上で、自分達の入場時間になったら迷路の入り口に戻って来て中に入れてもらう… というシステムになっていました。平日だったからなのかもしれませんが、待ち時間は 15 分程度でした。
鏡の迷路がこんなにちゃんとした迷路だとは思っていなかったので、迷路を抜け出すまで結構時間がかかりました (かなり本格的&超楽しいです^^!) 映画などで見るような迷路で、冗談抜きに、手探り状態で歩いていました。なるべく鏡に手を触れないように… と思いつつも、うっかりしていると目の前にある鏡に正面衝突してしまうぐらい、巧みな鏡のトリックが連続の鏡の迷路でした(^^) 超おススメです!
おススメし始めるときりがないのですが、Mindball というコーナーは、2 人以上いたら絶対に試してみて欲しいコーナーでした。計測器付きのヘアバンドで脳波を検出するのですが、お互いに向き合って座り、よりリラックスした方勝ち、というゲームです。リラックス具合は、アルファ波とシータ波のグラフとして表示されるだけでなく、ガラス管の真ん中にあるボールが、脳波が活発な人=リラックスできていない人の方へ転がって行くようになっています。まさに目に見えないフォースの力みたいで面白いのですが、脳をリラックスさせる… というのは深呼吸程度では全然ダメだということを痛感。左の画像内の一番左のグラフが自分の脳波なのですが、右端のジャックのグラフに比べると脳波かかなり活発なのがわかります。
そしてこちらが旦那 vs ジャックなのですが、この二人、日頃から人の話を全く聞いてないか、聞いてもすぐ忘れるよな~と思っていたら、二人とも脳波が緩いというか活発ではないにもほどがある!というかジャックに至っては X軸の底辺にくっついていたりして「ジャックの正体は猫なの? 何も考えてないでしょ!」と苦笑。本人はとても誇らし気でしたが、この結果には色々と合点がいく事が多い…(ウウム)と思ってしまいました。
こちらの写真は潜水艦がまるごと一隻入った展示室の写真ですが、すごい!の一言に尽きました。第二次世界大戦で日本と戦って沈没せずに帰還して、最終的にこの博物館に落ち着くことになったそうですが、海から水揚げして、博物館まで運ぶのも大変だっただろうと思いました。展示室にはその時の様子なども紹介されていました。この手の展示には、例によって旦那がジャックにアメリカ軍がいかに強力で素晴らしい存在であるか…を熱く語っていました。
アメリカ人を家族に持つ日本人なら多かれ少なかれ誰でもそういう思いがあるのでは? と思うのですが、第二次世界大戦で日本とアメリカが敵同士だったおかげで、戦争関係の展示を見ると、ちょっと複雑な気持ちになる自分でした。もしも第三次世界大戦が始まることがあっても、次回は敵同士に絶対ならないようにして欲しいと思います... というわけで、CityPass も全部使い切り、実に充実したシカゴでの 5 日間でした。

2018年8月16日木曜日

夏休み 57日目: シカゴ観光 その3~ プラネタリウム、博物館、リバークルーズ

すっかりバックログ状態ですが、シカゴは本当に見所満載でよかったです(^^) この日は朝から、Microsoft MVP でシカゴ近郊に在住の Jr KY さんのおススメでもあったプラネタリウムに行ってみましたが、このプラネタリウムは超ヒットでした(^^) 旦那も自分も、これまでにもプラネタリウムに行ったことがあるのですが、ここはかなりおすすめのプラネタリウムでした。
ここでも非常に役立ったのが、CityPassで、ここに至るまでに美術館や水族館でCityPassを使ってしまっていたので、プラネタリウムのチケットは別途購入でしたが (=CityPass は、アトラクションA か B のような選択方式になっていて、プラネタリウム入場券が付いたチケットは別の場所で使用済みでしたが) CityPass を提示すると割引価格が適用されるので、使った後もお得なのでした(^^)
コペルニクスが生きていたら、地動説はやっぱり正しかったよ!と体感できただろうに...と思うぐらいよくできたドームシアターでのプログラムで、ちょっと乗り物酔いな気分になるぐらい (椅子が動いてると錯覚するぐらい) の臨場感溢れるプラネタリウム体験でした。朝一で行くと上映プログラムの選択肢が多少増えるので早めに行くことをお勧めします!
プラネタリウムの素敵なカフェテリアでランチを終えた後は、プラネタリウムから歩いて 10分ほどの所にある、FIELD MUSEUM へ行って来ましたが、プラネタリウムから FIELD MUSEUM までの道は右手にミシガン湖とダウンタウンシカゴの高層ビル街が広がるこれまた素敵な遊歩道でした(^^) 途中には先日行った水族館もあり、観光スポットの密集地帯でした。

見所が密集しているのはとても便利なのですが、唯一残念だったのは、限られた滞在日数内だと、それぞれをじっくり見て回る時間がないことでした。プラネタリウムも水族館も、美術館も、どれも後ろ髪を引かれる思いで次の観光名所へと移動でしたが、次回シカゴに行く機会があったら、美術館に1日、博物館に1日と、もっとじっくり時間をかけて回りたいです。
で、こちらが FIELD MUSUEM。中に入ると巨大な恐竜とマンモス?象?の展示がまず目に飛び込んで来て、映画の Night at the Museum (2006) を彷彿とさせる博物館でした(^^) ここのチケットも CityPass に含まれていて、常設展、特別展、館内で上映の短いプログラムの鑑賞券込みでお得でした(^^)
意外と怖がりなジャックはエジプトのミイラの展示コーナーでは、気味が悪い、と言ってあんまり見たくなさそうにしていましたが、自分は若かりし頃にエジプトに行った事もあり、ミイラやエジプトの歴史には興味があるので、館内の劇場で上映していたエジプトのミイラ発掘の短編も含め、非常に興味深くて楽しめました。
この博物館は恐竜の骨や化石がたくさん展示してあり、ジャックは恐竜の方がミイラより全然よかった模様(^^) ここも見所が色々とあったのですが、夕方に予約していたシカゴ名物のリバークルーズの乗船時間が近づいて来たので、博物館のギフトショップを見て回る暇もなく博物館の前にいたタクシーで移動 (Uber を待つ時間もない時はタクシーが便利でした^^)
シカゴ旅行直前に Groupon でトラブった話をブログに書きましたが、建築物を船の上から見る、シカゴ名物のリバークルーズを含む割引券を事前に買おうとしてトラブってしまいましたが、人気のリバークルーズなので、混雑していて予約なしだと大変かな? と思っていたら、実際には複数の会社から船が出ていて便数も多く、当日でもオンラインで購入すれば割引価格でお得だということが判明。
滞在期間中、毎日「雨か雷雨」の天気予報だったのに、日中はご覧の通り快晴に恵まれラッキーでした(^^) せっかくのリバークルーズなので、晴れている日にしたいと思っていましたが、滞在日数に限りがあるので、実はこの日の前日の夕方から夜にかけてのクルーズにしようか? という案もあったのですが、前日の晩は天気予報通り、夕方から結構な雨が降り出し、乗船券を買わなくて正解でした。
そんなわけで、朝起きて空の様子を見て、ついでに天気予報もチェックしたところ、夕方までは雨は降らないようだったので (こんなに快晴なのに曇り後雨な天気予報) 朝プラネタリウムに出かける直前にオンラインで夕方 4時半出航のリバークルーズのチケットを購入。1時間半のクルーズが子供 $16、大人 $32 (税別)でツアー内容からしても満足度の高いお勧めのツアーでした。
これからリバークルーズに参加する人へのアドバイスですが、夏場の日差しが強い時期は (乗る船にもよりますが) 要日焼け止めクリーム&サングラス&帽子です。日焼け止めは今回乗ったクルーズの乗船口で販売していたのでそれを買って使いましたが、二階建てで常時日陰のある船 (料金高め?かも?) 以外はとりあえず、帽子は必需品だと思いました。このリバークルーズは断然おススメなツアーですが、時間的に余裕がなかったり、天気がいまいち心配… という場合は、船の上からではなくても同様の景色が楽しめる、川沿いのリバーウォークもおすすめです。川沿いにはレストランや公園など、再開発でお洒落に生まれ変わったエリアがあり、時間があれば食事やカフェでまったりしてみたかったエリアでした。

2018年8月15日水曜日

夏休み 56日目: シカゴ観光 その2~ メジャーリーグ試合観戦 Cubs vs Brewers (^^)

シカゴ旅行のハイライトの一つは Chicago Cubs の試合観戦。Cubs はリトルリーグの春のシーズンにジャックが所属していたこともあり、今回の旅行の日程は Cubs のホームグラウンドの Wrigley Field での試合日程をもとに組んであると言っても過言ではないぐらい楽しみにしていた野球の試合でした。シカゴに到着した前日の試合で Cubs のルーキーが Ultimate Grand Slam をやってのけ湧きに沸いていたシカゴでした。
ホテルのエレベーターでたまたま一緒だった宿泊客がその時の試合の話を興奮気味にしてくれましたが、この日の試合もホームランあり、ビデオ判定の末塁審の判定が覆ったり (overturn)、プロ野球ってこんなに面白かったんだ~と思える試合でした(^^) ちなみにこの日の試合を選んだ理由は、このボブルヘッド人形が先着1万名様プレゼントの日だったからなのでした(^^) 試合開始ギリギリに行くと品切れの可能性があると思い、朝一で行ったのに既に各入口には 500人ぐらいの列ができていました。
Wrgley Field はメジャーリーグの球場の中で唯一外野の壁に蔦が生えている球場とのことで、蔦にボールが入り込んでしまったら二塁打というような Wrigley Field ならではのルールもあるのだとか。あとは、シアトルの球場と違って、全席でビールが飲める!という球場で少々びっくりしました。ちなみに数年前までは、ファミリー用のエリア=お酒が飲めないエリアを設けていたらしいです。 
Cubs は 2年前の 2016年に108年ぶりに ワールドシリーズで優勝でも有名なチームですが、今年のチームスローガンの "Everybody In" な感じが球場からヒシヒシと伝わって来て、地元の人に愛されてるチームだな~と思いました。左の写真は前列でビールの写真を撮っている人を後方から写した写真です(笑) ちなみにこの日の天気予報は雷雨で、試合が中止になるかもしれないとドキドキしていました。
ジャックと自分は、自称、強力晴れ女晴れ男コンビなのですが、シカゴに着いた翌日の天気予報で、これから向こう数日雨と雷雨に見舞われると自信満々に言っていたので、野球の試合が始まる前に降り出してしまったらボブルヘッド人形も貰えず、そして滞在中にホームのゲームが予定されていないのでチケットが無駄になる事確定だと思ってかなり心配でしたが、蓋を開けてみたら曇り後晴れのよい天気となりました。
一応チケットを購入した際に、天井がある席を選んでおいたので、万が一雨が降り出しても (試合が中止にならない限り) 割と快適に観戦できるはずだと思っていましたが、晴れたので直射日光を浴びずに観戦できるという点でもよかったホームベース後方の席でした(^^) さて、こちらはシカゴスタイルもどきのホットドッグの "シカゴドッグ" です。旦那曰く、本物のシカゴドッグとはちょっと違うけど見た目は似ている! とのこと。
結局試合中に雨が降ることもなく、Cubs の勝利に終わり、実によい思い出になりました(^^) 試合開始直前に Navy Seals のメンバーが空から球場内に降りて来るオープニングや、7回に観客全員で合唱する野球の歌に加え、Cubs のテーマソングで、リトルリーグの試合の時にもジャックのチームのコーチがよくかけていた Go! Cubs Go! の大合唱を生で聴くチャンスに恵まれ本当によい試合でした(^^)

ところで、一日雨&雷雨の天気予報は、まったくハズレでもなく、夜になって急に雨が降り始め、夜中には雷が鳴っていました。シカゴは巨大なミシガン湖畔の都市なので、空気がもともと湿っていて、いつ雨が降ってもおかしくないぐらいの水分を含んだ空気なのですが、日中晴れていて夜雷雨なパターンがこの後2日ほど続き、結局観光している間はいいお天気に恵まれ続けたシカゴ旅行でした(^^)  その3へつづく...

2018年8月14日火曜日

夏休み 55日目: シカゴ観光 その1~ 実はすごくお得で便利だった CityPASS

初めてのシカゴは、ダウンタウンエリアに見所満載で、こんなに見所があると知っていたら、事前に滞在日数を増やしたのに~と後から思うぐらい超おススメの旅行先でした。旅行前に念入りなリサーチをして、ホテルの選定やら滞在中の予定などを組んでいたのですが、出発間際に日頃使用しない Groupon を使ったらドツボにハマりそうになったものの無事に解決しメデタシめでたし(^^) 
シカゴでまず最初に訪れたのは、ホテルから徒歩 10 分ほどの所にある Millennium Park (ミレニアムパーク) と名物の Cloud Gate (クラウドゲート)。青空や曇り空や、朝や夕方でもその様子が結構変わる巨大な豆 (The Bean の愛称で知られる) の形のアート作品です。シカゴは美術館が充実しているだけでなく、ダウンタウンの新旧建築物もアートの一部となっていて素敵な街並みでした。
月曜日にシカゴ入りして、実質丸 4 日間観光して回りましたが、ミレニアムパークの後は隣接するシカゴ美術館 (The Art Institute of Chicago) へ。夏休み中、美術館や水族館などへ入場する際に、前売り券を持っているとチケット購入の長い列に並ばずに済むということでしたが、平日の午前中だったせいか美術館のチケットカウンターは全然混んでいなくてラッキーでした。でもここで Chicago CityPASS を購入 ← その後実に重宝しました。


そもそも日頃全く利用しない Groupon に手を出してしまったのは、長い列を回避するための前売り券のセットを買うためだったのですが、手違いで $285 で買ったチケットがメールで送付されないどころか、キャンセルもできないかも? な状況に陥り、Amtrak の列車の中で Groupon のカスタマーサポートとやりとりをしていたのですが、サポート担当者がちゃんと返金処理をしてくれて、改めて美術館で CityPASS を購入したのでした。
CityPASS と Groupon の返金のいきさつはまた別エントリで紹介したいと思いますが、Groupon の対応はかなりよかったので、今後多分サービスは利用しないだろうとは思うものの、ありがとう!Groupon!と言いたいです(^^) さて、シカゴ美術館ですが、これはもう丸一日ぐらいかけて見たかったです。なんだかんだで 4 時間半ぐらいかけて色々な美術品を見て回りましたが、個人的には紀元前 3,000 年頃に作られたというフィギュアの精巧さに目が釘付けでした。メソポタミア文明が栄えた頃の作品らしいですが、その後千年ぐらい後に作られ発掘された出土品の稚拙さを思うと、これって白黒テレビの時代に VR 体験するぐらいすごい技術の差なんじゃないの !? と、これ作ったの誰なんだろー? など、グイグイ引き込まれる作品でした。
ゴッホの寝室もシカゴ美術館に展示してあったり、アートにそんなに詳しくない 11 歳児のジャックにもわかる名作が展示してあったのにはニンマリ (*´▽`*) でした。美術館内には絵画、彫刻の他に、家具を展示している部屋があるかと思えば、鎧甲冑が展示されている部屋、また宗教絵画を集めた部屋や絨毯やラグの展示室など、どの展示室も見ていて飽きない美術館でした。
そんなわけで、ジャックが飽きてとっとと次 (水族館) に行こうよ~と言い始めるかと思っていたら「いつまでも見てると水族館に行く時間がなくなるよー」と言わねばなぐらいよかったです(^^) 結局3時半頃水族館へと向かいましたが、水族館は家全員が好きな場所なのでそこも閉館までいることに…(^^;; ここで少々 CityPASS の宣伝もどきですが、CityPASS または Chicago Go Card といった前売り券のパスやカードはシカゴでは絶対にお得且つ便利です!
Groupon でトラブった経緯としては、購入システムの確認の甘さ (実は自分がメールアドレスの @hotmail.com の l が抜けていたのが原因だったのですが) と、3日以内にキャンセルしないと販売成立のポリシーがありながら、カスタマーサービスからの返事に 48時間ぐらいかかるという問題でした。シアトル出発前に購入しておこうと思ったら、結局キャンセル&返金まで1週間弱かかり、最悪はクレジットカード側で支払いを拒否しようと思っていたところで解決(ほっ)
Groupon で少々の割引価格で買うより、公式サイトで購入した方がよかったな、と思いましたが、現地での購入も可能で値段も実は Groupon や他のサイトとほぼ同じなので、結論としては、滞在日数が丸2日以上の場合には購入がおススメです。おススメな理由としては、お得さもですが、人気のアトラクションや施設への Fast Pass として使える事が一番大きかったです。特に限られた日数での観光の場合、チケットを買う列に40分も並んでいたくないと思うので…
美術館と水族館の間の移動ですが、今回 CityPASS と同じかそれ以上に重宝したのが Uber でした。Uber は徒歩で 20 分以上かかる行先への移動時に使用。Uber が来るまでの待ち時間が嫌だという人は、もし Taxi が目の前に並んでいたらそちらを利用するのもアリです。7 月のラスべガス旅行でも、Uber や Lyft に客をどんどん取られてしまう Taxi ドライバーがちょっと気の毒だと思ったのですが、シカゴでも似たような状況でした。 
ミシガン湖沿いの水族館は、4Dシアターもあり、ジャックが好きなサメ (Shark) のショーを選んで観ましたが、海の中の気泡のシーンではシャボン玉が飛び交い、時折水が噴射されたりしてとても楽しかったです(^^) CityPASS やこの手パスのお得な点ですが、別料金が設定されている特別展示、オプショナルのショーなども実はすべてチケット代に含まれていてじわじわとお得さを実感したチケットでした(^^)
そんなわけで、特にイルカのショーに興味があったわけではないのですが、カウンターで 4Dショーにイルカのショーもついてますよ、と言われたので、この日のイルカのショーの最終回に行って来ました。ショーが始まると、ミシガン湖に面したガラス窓にスクリーンが下りて来て、スクリーンに映し出される画像とイルカのショーを楽しみむことができました。
イルカのショーが終わる頃には、将来イルカのトレーナーになりたい!と言っていたジャック。ラスべガス旅行では Venetian Hotel でゴンドラを漕ぎたいと言っていたり、新しいものや職業を見る度に色々なものに憧れることができる子供っていいな~と思いました (大人になると、給料安いだろうな~とか、別な要因に気を取られがちなので^^;; 子供は純粋でいいな~と思いました)
ちなみに、イルカのトレーナーのお姉さんにジャックが質問したところ、海洋生物学 (Marine Biology) を大学でやるような人は研究方面に行くことが多く、トレーナー達は必ずしも海洋生物学系ではない、むしろ幼稚園の先生 ← これなんとなくわかる!や、心理学系 ← これもわかる!などを学んだ人達がイルカと仲良くやっていく仕事に就いたりしていると聞き、親子そろって「ほぉ~っ」と目から鱗でした。というわけで、シカゴ観光その1では、ホテルから徒歩で、ミレニアムパーク → シカゴ美術館 → Shedd Aquarium (水族館へは Uber で移動) で、非常に充実した一日でした。

CityPASS 同様、Go Card という便利なカードもありますが、そちらは日数 (3日有効券など) やアトラクションの数 (5 アトラクション券)で選択するオプションもありました。当初、美術館、水族館、Architectural River Cruise (シカゴの建築物を観光船から見るツアー、超おススメです) の 3 つをカバーするチケットを購入したいと思っていたのですが、それを全部カバーするお得なチケットはなく、例えば、Go Card の一番安いチケットには水族館が含まれていなかったり、CityPASS には観光船のチケットは含まれていなかったり、意外とどれを選ぶか難しかったのですが、結論としては、観光船のチケットは事前にオンラインで購入さえすれば安い上、かなりの本数が出ているので待ち時間云々を気にすることはあまりない、ということから、CityPASS でも Go Card でもどちらでも OKということと、リバークルーズだけは、当日でよいので、オンラインで購入し、現地の窓口でチケット受け取り (Will Call 窓口) にするとかなりお得だと思いました(^^)